過去10年間でレコードの売り上げは1500%増と英国レコード産業協会が発表

英国レコード産業協会が新たに発表した統計によれば、過去10年でレコードの売り上げは1500%増となり、レコードリバイバルが数字の上でも証明された形になる。

また今年1月から12月にかけてのレコードやターンテーブルなど周辺機器の売り上げは全世界で10億ドルを超すと以前予測されており、これは音楽売り上げ全体の7%を占めることになる。なお2017年のレコードの総売り上げ枚数は、4000万枚以上になると期待されている。

レコードのリバイバルは、イギリスで1年で10分の1に冷え込んだCDの売り上げ分を補填する意味でも重要だと言われている。

 

RELATED

霜田恵美子と蛭子能収によるジャケットも強烈な、楽しい音楽による80'sテクノポップ作が復刻

『キューピーたらこソース』のCMディレクターとしても知られる加藤良1こと加藤良助が中心となって1980年に結成された宅録ユニット、楽しい音楽。

レコードの日レーベル第1弾リリースとしてトリプルファイヤーや柴田聡子、シャムキャッツなどが参加した大瀧詠一カバー集が発売決定

国内最大級のアナログレコードのイベントとして今年で4年目の開催となる、レコードの日。今年もレコードの日当日には多彩なアーティストのアナログレコードが一斉に発売となる。第1弾発表ではジブリ作品のサントラやクレイジーケンバンド最新アルバムの待望のアナログ化などがアナウンスされたが、第二弾ではレコードの日レーベルの第1弾作品のリリースがアナウンスされた。

ミュージシャンは音楽業界全体の売り上げのうち12%を得ていることが判明 | 変わりつつある産業構造

先日、2018年上半期のアメリカにおける音楽の売り上げのうち、ヒップホップが2年連続で全体1位のシェアを獲得したことを取り上げたが、実際のところ、その売り上げはどのくらいの割合でアーティストに還元されているのだろうか?

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。