Chance The Rapperが2日前に作ったばかりの新曲を圧巻のパフォーマンスで初披露

地元シカゴのために、自身の設立した団体Social Worksなどを通じてミュージシャンという枠を越えて、活動を続けるChance The Rapperが、久しぶりとなる新曲をTV番組『The Late Show with Stephen Colbert』で、初披露した。

新鋭アーティストDaniel Caesarをフィーチャーしたこの楽曲は、2日前に作ったばかりのものということで、放送時にはタイトルもない状態だった。(放送後に曲名は"#FirstWorldProblems"ということが明かされた。

上のムービーがそのパフォーマンスの模様だが、Caesarのミニマルなギターリフに最初は静かに、しかし後半にかけてエネルギーを爆発させていく圧巻のパフォーマンスとなっている。

この新曲"#FirstWorldProblems"が、Chanceが現在制作中とみられているデビューアルバムに収録されるものかはわかっていない。

RELATED

Chance The Rapperの作品のアートワークを手がけるBrandon Breauxの展覧会が緊急開催

Chance The Rapperの名作『Acid Rap』や『Coloring Book』などのアートワークを手がけているアーティストBrandon Breauxと、DUM-DUM LLPによるコラボ展が、本日から8/20(月)まで東京・原宿のOKUで開催される。

G HerboがChance The RapperはKanye WestやMichael Jordanよりもシカゴに貢献していると語る

今日、プロデューサーのSouthsideとコラボした作品『Swervo』をリリースしたシカゴのラッパーG Herbo。

Chance The Rapperが4曲の新曲をサプライズリリース

今週一度はアルバムのリリースが報じられたものの、Twitterで本人が否定したChance The Rapper。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。