Young DolphがLAで銃撃を受けるも命に別条はなしとの報道

メンフィスの注目ラッパーYoung Dolphが、昨日ハリウッドで銃撃を受け、病院に担ぎ込まれたとComplexなどが報道した。

Dolphが銃撃を受けたのは、ハリウッドにあるLoews hotelの駐車場で、Doplhは数回の銃撃を受けたものの、命に別条はないとTMZが報じている

警察はDolphがこの銃撃のターゲットになっていたことを認めている。ラッパーのYo Gottiと敵対関係にあるDolphは今年2月にも銃撃を受けている。

RELATED

Young Dolphが自分の曲をかけて解雇されたカフェのバリスタに2万ドルをプレゼント

先週アメリカの名門大学デューク大学の構内にあるカフェで働いているバリスタ、Britni BrownさんとKevin Simmonsの2人が突如解雇されるという憂き目にあった。

銃撃を受けたばかりのYoung Dolphが自身のオフィシャルショップで防弾ベストを販売

9月末にLAで銃撃を受けたものの、なんとか一命は取り留めたYoung Dolph。今週末になんとニューアルバム『Thinking Out Loud』をリリースする、Dolphがユニークなアーティストグッズの販売をスタートさせた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。