Gucci Maneが2018年は2日に1作ミックステープをリリースすると宣言

アトランタの重鎮Gucci Maneが刑務所からの釈放後に素晴らしいリリースを続けている。彼は薬物中毒からも脱し、最高の年を過ごしていると以前のインタビューでも話していたが、来年はより良い1年となりそうな雰囲気だ。

10/13にニューアルバム『Mr. Davis』をリリース予定のGucciは、子供時代から刑務所で過ごした日々を綴る自伝も刊行したばかりだ。

そんなGucciがとんでもない来年のプランをTwitterでぶち上げた。

2018年は「100%インディペンデントで活動する」と宣言したGucciは、「1日置きにミックステープをリリースする」と、とんでもないプランを明かす。1日置きという言葉が正しければ、1年で少なくとも182作以上Gucciのテープがリリースされるという見込みだ。

せっかちな性格で知られ、1日に大量の曲数をレコーディングできるGucciなので、その未発表曲のアーカイブは相当のものなのは間違いないが、本当に実現可能なプランなのだろうか?

RELATED

Gucci Maneが「俺は成長し続けている」と述べ、他人の失敗や不幸を願う人々について語る

今年はT.I.とのトラップの起源を巡る論争が話題となったが、2016年に刑務所から釈放されて以来精力的に活動を続け、またSNSでもポジティブなバイブスを発信し続けているGucci Mane。そんな彼が、他人が失敗することを望んでいる人々についての持論を述べている。

Gucci Maneがアルバムの制作方法の変化を語る

現在最新アルバム『Evil Genius』を製作中だというGucci Maneが、Lil Pumpとのコラボレーション曲”Kept Back”を公開した。

Gucci Maneが突如、自分は史上最高のラッパーだったと気付く

ここ最近はもっぱらT.I.とのビーフばかりが話題に上るGucci Maneだが、その彼が突然自分が“G.O.A.T.(Greatest of All Time)”であると気づいたことを明かした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。