Earl Sweatshirtが最近Lil Uzi Vertしか聞いていないと明かす

Earl Sweatshirtのファンは首を長くして彼の次のアルバムを待っているのだが、彼は最近Lil Uzi Vertに夢中で忙しいようだ。Earl Sweatshirtはライブ中に「最近Lil Uzi Vertしか聞いていない」と明かした。

アメリカ・カルフォルニアで先日開催された『Day n Night Festival 2017』に出演したEarl Sweatshirt。彼はライブ中、ステージから観客に向かって「Uziに声聞かせてくれ」と客を煽り、「Uzi Vertのために盛り上げるんだ。最近はあいつの曲しか聞いてない。あれはクレイジーだ」と言及した。

この日のステージでEarl Sweatshirtは、まだリリースされていない新曲もいくつか披露。彼が最後にアルバムを出したのは2015年で、その前がさらに2年前。そろそろ新しいプロジェクトが発表されてもいい頃かもしれない。

RELATED

Earl SweatshirtがColumbia Recordsを抜けてフリーで活動することについて「興奮している」と語る

昨年11月末にアルバム『Some Rap Songs』をリリースしたEarl Sweatshirt。同作はメジャーレーベルであるColumbia Recordsからリリースされたものだが、今回彼がレーベルを抜けてフリーで活動する意志をPitchforkのインタビューにて表明した。

引退宣言を行ったLil Uzi Vertがレーベルとの契約問題を抱えていることをほのめかす

先週末、突如として「活動を終了する」との宣言を行ったLil Uzi Vert。予告されていたアルバム『Eternal Atake』を心待ちにしていたファンにとっては衝撃的な発言だったが、引退を望む理由はレーベルとの契約問題だったのかもしれない。

Lil Uzi Vertが音楽活動の終了を宣言

昨日Lil Uzi Vertが突如自身のInstagramストーリーで音楽活動を終了することを宣言した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。