Kanye WestとKid Cudiが日本でコラボ作のレコーディング?村上隆とコラボの噂も

先週Kanye WestとKid Cudiが来日し、村上隆のアトリエを訪れた。なにか新しいコラボを計画している可能性があると報道された。

村上隆は2007年にリリースされたKanye Westのアルバム”Graduation”のアートワークをデザイン。その彼のアトリエに再び訪れて、Kid Cudiを連れて何をしていたかは不明。しかしその場にいたKanyeの仲間達が次々とinstagramに意味深な投稿をした。

Coming Dec 31st #EverybodyWins | My Squad: #Coodie #KanyeWest #KidCudi

Honest Managementさん(@olskool_icegre)がシェアした投稿 -

Coming Dec 31st! #EVERYBODYWINS #GODisGREAT

Coodieさん(@coodierock)がシェアした投稿 -

「12/31にでるよ!」という文と#EverybodyWinsというタグ。どんなプロジェクトかは分からないが、12/31の大晦日に何かがリリースされるのは明確。2015年の大晦日にリリースされた”Facts”や、その1年前の大晦日に公開された”Only One”。Kanyeはこれまでも大晦日に度々何かをリリースしたことがある。

ニュースサイト『Page Six』によると、匿名の内部関係者が、KanyeとCudiはいま日本でレコーディングをしていると明らかにしたようだ。「彼らはヤバいのをドロップするよ」「みんなへのサプライズプロジェクトだ。いまレコーディングしている。誰も詳細は知らないしどんな音になるかも分からない。Cudi、Kanye、エンジニアだけで閉じこもって作業していて、誰も他の関係者は立ち入ることができないんだ。レコーディングしているのは日本」とその内部関係者は語った。

Kanye WestとKid Cudiは約10年前の”808s & Heartbeat”に収録された”Welcome To Heartbreak”以来、何度もコラボしている。それ以来Kanyeのリリースしたアルバムには毎回Cudiが参加。そしてCudiの最初のアルバム2枚もKanyeがフィーチャリングされている。一時期はCudiがKanyeの元から離れたり、二人の間にビーフが勃発したりなどと世間を騒がせたが、今はもう問題無いようだ。

日本でのレコーディングに、村上隆とのコラボ。もし本当に大晦日にリリースされるのだとしたらどんな作品になるのか楽しみである。

RELATED

Kanye Westがニューアルバム『Yandhi』をリリースか? | Young Thugは新作に参加させてくれなかったらもう口をきかないとツイート

先日、長らく噂されてきたChance The Rapperとのコラボアルバム『Good Ass Job』のリリースを宣言したKanye West。リリースが大変待ち遠しいが、KanyeはChance The Rapperとのコラボアルバムの前に自身のニューアルバムをリリースするかもしれない。

Kanye Westが自身の映画会社を作ろうとしていることが判明

近年は2024年の大統領選に立候補することに意欲を燃やしているKanye Westが、今度は映画業界にも進出しようとしていることが明らかになった。

Kanye WestがChance The Rapperとのコラボアルバム『Good Ass Job』をリリースへ

現在ニューアルバムを制作中のChance The Rapperは、その傍らでKanye Westとの7曲入りのコラボ作も制作していると先日述べていた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。