Lil Yachtyが何人かの学生の授業料を支払うとTwitterで発表

昨日Lil Yachtyが新しく購入したチェーンをTwitterで自慢していたところ、フォロワーからお金の使い方について批判を受けてしまった。

それに対してYachtyはどうやってお金を使ったらいいか教えてくれとアイディアを募集。しかしそれに対して「でもYachty、君の資産は6万ドル(約660万円)しかないんだろ」というリプライが飛んできた。

それに対しYachtyは「そんな話は信じるのをやめろ」とデマであることを強調。その後お金の使い方として「何人かのラッキーな学生の、今年の授業料をおれが払う」ことと、「新学期のための買い物資金を出す」ことを発表した。詳細は後日発表するという。

こうした学生への支援は、Chance The Rapperなどによって広まってきたが、批判された流れで思わず発表してしまうのがYachtyらしいかもしれない。

RELATED

Lil Yachtyがニューアルバム『Nuthin’ 2 Prove』を来月リリースへ

今年3月に2ndアルバム『Lil Boat 2』をリリースしたLil Yachtyの新作が早くも10月にリリースされる。

Lil Yachtyが白人の警官に車を盗んだと疑われる

アメリカの警官がしばしば人種を根拠に捜査を行うという話は周知の事実だろう。ヒップホップにはそういった警官をテーマにした楽曲が数多く存在するが、今回Lil Yachtyが警官によって理不尽な目に遭わされてしまった。

Lil Yachtyが自分が持っているSupremeの服を全部売る予定

Supremeといえば、今世界で最も人気のあるブランドの1つだろう。ニューヨーク発のこのブランドはヒップホップシーンでも揺るぎない地位を確立しており、これまでにも様々なラッパーが袖を通してきた。DipsetやNotorious B.I.Gなど、ニューヨークに関わりが深いラッパーたちともコラボしている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。