アイルランドの新聞がStormzyとベルギーのサッカー選手の写真を間違えて掲載

昨日アイルランドの新聞アイリッシュ・ヘラルドが、ベルギー代表のサッカー選手ロメル・ルカクがエバートンから名門マンチェスター・ユナイテッドに移籍するという記事に、間違って大人気ラッパーのStormzyの写真を掲載してしまった。

上記の写真が実際の記事だ。Stormzyはルカクの移籍先のマンチェスター・ユナイテッドのファンとして知られており、この写真でも同クラブのウォームアップシャツを着用している。なぜルカクとStormzyを取り違えるようなことが起こってしまったのかについての理由は謎だが、アイリッシュ・ヘラルド紙は謝罪文をHPに掲載した。

その後StormzyもTwitterでコメントを発表。「まったく面白くない。おれはこういうジョークで滑って場を白けさせる奴にはなりたくない」と不快感を露わにした。

related

COMME des GARÇONSとSWITCHによる新プロジェクト『People of the Year』がスタート | Stormzyや大坂なおみ、Patti Smith、山口一郎など選出者の作品を川久保玲がデザインしたアイテムが公開

COMME des GARÇONSとその年にめざましい活躍をした人物とコラボレーションを行うプロジェクト『People of the Year』。第一回目となる今年は創刊35周年を迎えた雑誌SWITCHがプロジェクトパートナーとして参加している。

Stormzyが今後10年間で約13億円を黒人支援の団体に寄付することを約束

今やUKを代表するアーティストの一人であるラッパーStormzy。これまで様々なチャリティ活動でも成果を上げてきた彼が、今回アメリカでのジョージ・フロイドさん殺害事件を契機とした「Black Lives Matter」運動を受けて、今後10年の間に黒人の地位向上のための団体に1000万ポンド(約13億円)の寄付を行うことを約束した。

StormzyがUKグライムやドリルを自身の楽曲に取り入れるDrakeを称賛する

今年3月に来日公演を開催するUKのトップラッパーStormzyがCharlamagne tha Godとのインタビューで、DrakeがUKグライムやドリルを自身の楽曲に取り入れている事を称賛した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。