Travis Scottが南アフリカの子どもたちにChief Keefと勘違いされる | 追記Travis Scottは完全否定

Travis Scottは現在開催している『Bird’s Eye View tour』で南アフリカのヨハネスブルグに滞在した際、近隣の街を訪問し子供達に熱烈な歓迎を受けた。

その模様をTravisのクルーの一人が撮影していた。

確かにTravisは熱い歓迎を受けているが、よく子供たちの声を聞くと「Chief Keefだ、Chief Keefだ」と言っているのがわかる。なぜ子供たちがChief KeefとTravis Scottを勘違いしてしまったのかは、わからないがTravisもさすがに子供たち相手に、間違いを正そうというわけにもいかずに、訂正もせずじゃれあっている。

南アフリカの子供たちの間でのChief Keefの人気の凄まじさを思い知らせる一幕といえるだろう。

追記 6/22 19/31 Travis Scottはその噂を完全否定

 

RELATED

ジョナ・ヒルがTravis Scottの『Astroworld』を「今年最高のアルバム」と絶賛し、Kanye Westについても語る

90年代のヒップホップカルチャーを題材にとった自伝的映画『Mid 90s』が現在アメリカで公開中の俳優ジョナ・ヒルがGQの“Men of The Year”インタビューに登場。完成した映画やヒップホップなど様々なトピックについて語っている。

Travis Scottが観覧車型のセットに乗って回転しながらライヴを行う

名実ともに今年を代表するアルバムとなった『ASTROWORLD』をリリースして以来、その勢いを止めることなく活動を続けるTravis Scott。彼は現在『ASTROWORLD』の遊園地をモチーフにしたアートワークに因んで遊園地を思わせるようなステージングのツアーを行なっているが、そんな中でなんとステージに観覧車を登場させてしまった。

Travis ScottのA&Rが「"SICKO MODE"のDrakeのヴァースは『Astroworld』がリリースされる当日に完成した」と明かす

今年を代表するアルバムの一つとなったTravis Scottの『ASTROWORLD』。その中でもDrakeをフィーチャーした“SICKO MODE”は非常に人気が高い一曲だが、Drakeが同曲を制作した時の興味深いエピソードがTravis ScottのA&Rを務めるSickamoreによって明かされた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。