グラフィティの名所の壁を剥がすと、出現したものは?

東京にもグラフィティの名所的なスポットはいくつも存在する。名所ではグラフィティの上に、どんどん新しいグラフィティが塗り替えられていき、様々なグラフィティがまるで一枚の巨大な絵を形成しているような錯覚に陥ることもある。

オランダにあるまさに大量のグラフィティで埋め尽くされ、グラフィティの殿堂と呼ばれる場所の壁を剥がしてみたところ思いがけないものが出現した。

ImgurのユーザーのPaulDeGraafが、ナイメーヘンにあるグラフィティの殿堂の壁の一部を剥がし、調査したところによると、なんとグラフィティの地層とでも呼ばれるようなものが出現した。

この場所は1970年代ヒッピーの拠点であり、その後80年代に入るとミュージシャンやアーティストの溜まり場となり、30年間以上グラフィティーが書き足され続けていったのだ。

30-years-graffiti-hall-of-fame-doornroosje-netherlands-1-593e9cf1ddfc5__880

30-years-graffiti-hall-of-fame-doornroosje-netherlands-2-593e9cf75ad49__880

Graphitti

graphitti

何かの柄のように形成されたグラフィティの地層。一つ、一つのグラフィティは一体どんなものが描かれていたのだろうか?

 

 

RELATED

Chance The Rapperの作品のアートワークを手がけるBrandon Breauxの展覧会が緊急開催

Chance The Rapperの名作『Acid Rap』や『Coloring Book』などのアートワークを手がけているアーティストBrandon Breauxと、DUM-DUM LLPによるコラボ展が、本日から8/20(月)まで東京・原宿のOKUで開催される。

渋谷の街頭ビジョンを用いた『NEO SHIBUYA TV』にアート作品を紹介する番組が登場

渋谷の9機の街頭ビジョンを用いて、広告だけではない映像作品を輩出し、新たな街頭ビジョンの可能性を、創造の分野で追求するプロジェクト『NEO SHIBUYA TV』。

多和田有希の個展『悪魔祓い、系統樹、神経の森』がG/P galleryで開催

人間の精神的治癒のシステムをテーマに制作を行っているアーティストの多和田有希による個展『悪魔祓い、系統樹、神経の森』が、8/25(土)から東京・恵比寿G/P galleryで開催される。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。