グラフィティの名所の壁を剥がすと、出現したものは?

東京にもグラフィティの名所的なスポットはいくつも存在する。名所ではグラフィティの上に、どんどん新しいグラフィティが塗り替えられていき、様々なグラフィティがまるで一枚の巨大な絵を形成しているような錯覚に陥ることもある。

オランダにあるまさに大量のグラフィティで埋め尽くされ、グラフィティの殿堂と呼ばれる場所の壁を剥がしてみたところ思いがけないものが出現した。

ImgurのユーザーのPaulDeGraafが、ナイメーヘンにあるグラフィティの殿堂の壁の一部を剥がし、調査したところによると、なんとグラフィティの地層とでも呼ばれるようなものが出現した。

この場所は1970年代ヒッピーの拠点であり、その後80年代に入るとミュージシャンやアーティストの溜まり場となり、30年間以上グラフィティーが書き足され続けていったのだ。

30-years-graffiti-hall-of-fame-doornroosje-netherlands-1-593e9cf1ddfc5__880

30-years-graffiti-hall-of-fame-doornroosje-netherlands-2-593e9cf75ad49__880

Graphitti

graphitti

何かの柄のように形成されたグラフィティの地層。一つ、一つのグラフィティは一体どんなものが描かれていたのだろうか?

 

 

RELATED

【特集】渡辺志保のトロント訪問記 Vol.2 | 独自の文化が根付くパブリックアート、多様性を打ち出す先進的な都市

Vol.1はこちらから。 今回、一週間足らずの滞在ではありましたが、トロントはとてもインプレッシヴな街でした。個人的には、人生において二度目のトロント訪問。とは言っても、前回訪れたのは私が11歳頃の時。詳しい記憶はすでに霧の中…という感じですが、それでも、当時トロントで観覧したブロードウェイ・...

ベルリンを拠点とするストリートアーティストEL BOCHOの個展『GOLDEN TIMES』が開催

ベルリンを拠点に活動するストリートアーティストEL BOCHOが2年ぶりとなる日本での個展『GOLDEN TIMES』を、10/12(金)から11/25(日)まで東京・池尻の104GALERIE、104GALERIE-Rの2会場で開催する。

PUNPEEやSIRUPのアートワークも手がけるペインターのhitchによる東京での初の個展が開催

大阪を拠点に東京や上海、ハワイなど国内外で制作を続けるペインターのhitchによる、東京では初となる個展がNOS ORG渋谷で10/3(水)から一ヶ月間開催される。 今回の展覧会は彼の制作テーマである「HIPHOPイズムをビジュアライズする」を軸に、さらにモチーフをミュージシャンに絞った企画展...

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。