Diploが「下痢の時にDJをするのが最悪」とインタビューで答える

MUSIC  2017.06.12  FNMNL編集部

新作『Know No Better』をリリースしたばかりのMajor LazerのDiploが、GQのインタビューに登場。Q&A方式の質問に答えている

DJとして世界中を飛び回る活動を行っている、Diploは昨年だけで約320回飛行機に乗り、キャリアではあわせて5000回は乗っていると振り返る。

さらにツアー中に病気にかかるのが、本当に嫌だというDiplo。しかし最悪なことはDJ中に下痢になることだと明かす。

質問者が「自分のDJセットの時に下痢になったことがあるの?」と聞くと、「もちろん、君も経験しなきゃダメだよ。ラスベガスか、どこかでね。マジで最悪だよ。ただ集中をすれば乗り越えられた。おれは戦士だからな」とDiploは最悪の体験を無事乗り切ったことも明かした。

 

MUSIC

FASHION

CULTURE