Diploが「下痢の時にDJをするのが最悪」とインタビューで答える

新作『Know No Better』をリリースしたばかりのMajor LazerのDiploが、GQのインタビューに登場。Q&A方式の質問に答えている

DJとして世界中を飛び回る活動を行っている、Diploは昨年だけで約320回飛行機に乗り、キャリアではあわせて5000回は乗っていると振り返る。

さらにツアー中に病気にかかるのが、本当に嫌だというDiplo。しかし最悪なことはDJ中に下痢になることだと明かす。

質問者が「自分のDJセットの時に下痢になったことがあるの?」と聞くと、「もちろん、君も経験しなきゃダメだよ。ラスベガスか、どこかでね。マジで最悪だよ。ただ集中をすれば乗り越えられた。おれは戦士だからな」とDiploは最悪の体験を無事乗り切ったことも明かした。

 

RELATED

Diploが「次のアルバムがMajor Lazerの最後の作品になる」と発言

言わずと知れたトップDJのDiplo率いるMajor Lazer。2008年から現在に至るまでダンスミュージックシーンのトップを走り続けてきたこのユニットが、次回作で活動を終了するという。

Diplo率いるMajor Lazerがアフロビーツミックスをリリース | Burna BoyやMr. Eaziとのコラボチューンも

ダンスホールやヒップホップ、R&Bなどと結びつき新しいサウンドが続々と生まれているアフロビーツシーン。そのシーンについてMajor LazerのDiploは近年アフリカ・ナイジェリアなどを訪問し、当地のアーティストたちと交流を深めてきた。

DiploがZeddに対し「24時間以内にTwitterアカウントを消さないとPusha Tのようにディスする」と宣戦布告

ヒップホップシーンでは年がら年中様々なビーフが繰り広げられているが、ダンスミュージックシーンにおいても因縁のビーフがある。それはDiploとZeddだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。