競馬場でのフェスに出演したDiploがパラグライダーで会場入り|そのまま歩いてDJブースに向かう

最近はLil Nas Xの“Old Town Road”のMVにカメオ出演し、また自身もカントリーに傾倒していることで知られるDiplo。そんな彼がボルチモアの競馬場で開催されたフェスInfieldDesにヘッドライナーとして出演した際、驚くべき方法で会場入りしたことが話題となっている。

Diploはフェス会場となったPimlico競馬場にパラグライダーを使って到着する様子を自身のInstagramにアップロード。キャプションには「これが、海軍のパラシュートチームと一緒にスカイダイブで競馬場に行って、馬のためにDJしたときの顔だぜ」と綴られている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The face you make when you skydive with the Navy Leapfrogs into a racetrack to Dj for horses 🐸🏇🏼🤘🔥

diploさん(@diplo)がシェアした投稿 -

Pitchforkによると、その後Diploはおもむろに歩いてDJブースに向かい、普段通りのDJプレイを披露し観客をぶち上げたという。

パラグライダーという前代未聞の方法で会場入りするDiploに観客は大きな歓声を上げているが、登場のインパクトが強すぎてその後のDJに頭がついて行かないような気もする。しかし、DiploのDJだけでなく人間が空を飛ぶ珍しい姿を見られて馬もさぞかし満足したことだろう。

カントリーの影響を受けて作られたというDiploの新曲“So Long”も要チェックだ。

RELATED

Diploが「次のアルバムがMajor Lazerの最後の作品になる」と発言

言わずと知れたトップDJのDiplo率いるMajor Lazer。2008年から現在に至るまでダンスミュージックシーンのトップを走り続けてきたこのユニットが、次回作で活動を終了するという。

Diplo率いるMajor Lazerがアフロビーツミックスをリリース | Burna BoyやMr. Eaziとのコラボチューンも

ダンスホールやヒップホップ、R&Bなどと結びつき新しいサウンドが続々と生まれているアフロビーツシーン。そのシーンについてMajor LazerのDiploは近年アフリカ・ナイジェリアなどを訪問し、当地のアーティストたちと交流を深めてきた。

DiploがZeddに対し「24時間以内にTwitterアカウントを消さないとPusha Tのようにディスする」と宣戦布告

ヒップホップシーンでは年がら年中様々なビーフが繰り広げられているが、ダンスミュージックシーンにおいても因縁のビーフがある。それはDiploとZeddだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。