モントリオール出身のDust-e-1が自身のレーベルからEPをリリース

カナダはモントリオール出身のDust-e-1が自身による新レーベル「DustWORLD」から新たなEP『The Cosmic Dust EP』をリリースする。

今回のリリースで3作目のEPとなるAlex SheafことDust-e-1は、LOBSTER THEREMINの「WHITE」シリーズやカナダのCollect Callなどリリースをしてきている。これまでのリリースは一貫して、90sジャングルな雰囲気を醸し出したエキサイティングなトラックが印象的であった。


またPrioriとのユニットANFやNAFF Recordingsからリリースした三人組のバンドPerishing Thirstのメンバーで、モントリオールのシーンにおいて必要不可欠な人物でもある。


新たなEP『The Cosmic Dust EP』は、Dust-e-1名義でリリースしてきたとトラックと打って変わって、よりモントリオール産と感じ取れるローファイドリームを意識したサウンドへと変化している。全体的には、ローファイムードを保ちつつ、ニューエイジ的な感覚を何処と無く落とし込んだ今まさに聴きたい4曲入りEPとなっている。

すでにヴァイナルはCLONE.NLから発売されており、6月2日よりデジタルリリースが開始される。

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。