Rihannaがマラウィ共和国で教育ボランティアをした際のドキュメンタリー映像

MUSIC  2017.06.10  FNMNL編集部

Rihannaは教育のためのグローバルパートナーシップ(GPE)の国際大使を務めている。彼女は世界で最も貧困な地域に住んでいる子どもたちの教育を改革するために、今年1月にアフリカのマラウィ共和国へと渡った。その模様をまとめたドキュメンタリー映像が公開されている。

GPEは60カ国以上の発展途上国で活動しており、全ての子供が学校に通えることを目標としている。マラウィ共和国は人口の半分が貧困であり8%の人しか義務教育を終えていない。生徒、政治家、活動家が集まり、現在直面している飢餓、学級あたりの児童数、女性の人権、そして貧困による影響などについて問題、そして子供達が学校に通えるようにするための改善法について話し合った。

この約9分間のドキュメンタリーはマラウィ共和国のムズ小学校で撮影された映像が中心となっている。ムービーの中でRihannaは歌やリズムを用いた方法で子どもたちに算数を教えている。「この子達の学び方がとても好き。この子達は音楽を使って学ぶ。子供はメロディーをとても早く覚えてくれるから、これを教育に使えたらとてもすばらしい」とRihannaは語る。

映像の最後はGPEの予算が2018~2020年までに31億ドルまで行くことを目標に、政府のGPEに対する予算と資金提供の増加を求めてほしいという視聴者に向けてのメッセージで締めくくっている。

MUSIC

FASHION

CULTURE