Rihannaがマラウィ共和国で教育ボランティアをした際のドキュメンタリー映像

Rihannaは教育のためのグローバルパートナーシップ(GPE)の国際大使を務めている。彼女は世界で最も貧困な地域に住んでいる子どもたちの教育を改革するために、今年1月にアフリカのマラウィ共和国へと渡った。その模様をまとめたドキュメンタリー映像が公開されている。

GPEは60カ国以上の発展途上国で活動しており、全ての子供が学校に通えることを目標としている。マラウィ共和国は人口の半分が貧困であり8%の人しか義務教育を終えていない。生徒、政治家、活動家が集まり、現在直面している飢餓、学級あたりの児童数、女性の人権、そして貧困による影響などについて問題、そして子供達が学校に通えるようにするための改善法について話し合った。

この約9分間のドキュメンタリーはマラウィ共和国のムズ小学校で撮影された映像が中心となっている。ムービーの中でRihannaは歌やリズムを用いた方法で子どもたちに算数を教えている。「この子達の学び方がとても好き。この子達は音楽を使って学ぶ。子供はメロディーをとても早く覚えてくれるから、これを教育に使えたらとてもすばらしい」とRihannaは語る。

映像の最後はGPEの予算が2018~2020年までに31億ドルまで行くことを目標に、政府のGPEに対する予算と資金提供の増加を求めてほしいという視聴者に向けてのメッセージで締めくくっている。

RELATED

Rihannaがトランプ大統領が自身の楽曲を無断で使用したことに対してキレる

先日、Pharrellがトランプ大統領に対し、自身の楽曲“Happy”を演説の際に使用しないよう求めたというニュースがあったが、またしても同じようなことが起きた。

Cardi Bが新曲“Money”のアートワークで着けている金のグローブをRihannaが「今まで見た中で一番ゲットーなブツ」と表現

昨日リリースされたCardi Bのシングル“Money”。同曲は先日オフィシャルリリースの前にリークされてしまい、絶賛ビーフ中のNicki Minajのファンによってリークが行われたという説もあるため今後彼女たちのビーフは増々殺伐としていきそうだ。しかし、そういった話題以上に“Money”のアートワークでのCardi Bのファッションが注目を集めている。

Rihannaがコリン・キャパニック選手をサポートするため2019年スーパーボウルハーフタイムショーのオファーを拒否

アメリカ最大のイベントであるスーパーボウル。その目玉となるハーフタイムショーには音楽ファンならずとも毎年大きな注目が集まっているが、来年開催される第53回スーパーボウルのハーフタイムショーのオファーをRihannaが断っていたことが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。