ハーバード大学の学生がラップ・アルバムを初めて卒業論文として提出

アメリカの名門大学ハーバード大学で英文学を専攻している学生のObasi Shawが、卒業論文として自作のラップ・アルバムを提出、見事に受理された。これは同大学にとって史上初めてのことだという。

20歳のShawは10曲入りのアルバム『Liminal Minds』を卒業論文として提出、様々なキャラクターからの視点が描かれたアルバムは見事論文として認定された。アルバムは中世の英語詩の要素と、アメリカの人種問題についての要素を見事に融合したものとして評価されている。

Shawはアルバムについて「自由と奴隷状態の間にあるアフリカン・アメリカンを探求したものだ」と述べている。Shawは卒業後はGoogleでエンジニアとして勤務する予定になっており、今後もラップは続けていきたいと話している。

『Liminal Minds』はSoundCloudで聴くことができる。

RELATED

Cardi Bをテーマにした社会学のカンファレンスが開催

黒人社会学者協会(Association of Black Sociologists)が毎年開催するカンファレンスイベントが今年はCardi Bをテーマにした。社会学的観点でCardi Bを見た社会学者達によるトークイベントと討論会である。

カリフォルニア大学でFrank Oceanをテーマにした講義が開設へ

アメリカではアーバンミュージックは学術分野にも進出をしており、これまでにもQ-TipがNY大学の音楽コースで講義を受け持つことになったり、ハーバード大学の学生がラップアルバムを初めて卒業論文として提出するという事例もあった。

ピザ屋についての論文で名門イェール大学に合格

イェール大学の試験で、テネシー州のRavenwood高校を卒業した女性Carolina Williamsが、アメリカ大手のピザ屋Papa John'sについての論文を提出した。その論文は受理され、Williamsはイェール大学に見事合格したと、地元メディアThe Tennesseanが報じた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。