【フォトレポート】tofubeats, tomad, DJ WILDPARTY, okadada, KEITA SANOが出演したLOST DECADE 10

tofubeats、okadada、DJ WILDPARTY、tomadがレジデントを務めるパーティー『LOST DECADE』が5/12に代官山UNITで開催された。今回初めてゲストにハウス新世代アーティストKEITA SANOを迎え、節目の10回目。

イベントはオープンから大盛況。ワールドツアー帰りの大注目ハウスプロデューサーKEITA SANOもロスディケファンたちを完璧にロック。

イベント前に行われた座談会も合わせてチェック!

tomad
_DSC5574

_DSC5640

_DSC5642

_DSC5708

KEITA SANOにあと一曲と打ち合わせるtomad。この後KEITA SANOに交代するまで、2曲くらい掛けていた。

_DSC5739

_DSC5740

_DSC5734

アーカイブ用にカメラを入念にチェックするtofubeats
_DSC5651

tofubeats、okadada、DJ WILD PARTYの写真は次ページへ!

RELATED

京都の名物パーティ『HOMESICK』が10周年 | okadada、やけのはら、鶴岡龍、KASHIFなどが出演

dj colaboyが主宰し京都・METROを舞台に多種多様なラインナップが出演してきた名物パーティ『HOMESICK』が10周年を迎え、12/22(土)に38回目となるパーティを行う。

tofubeats、iri、Qiezi Maboなどが出演するイベントが福岡で開催

福岡のBEAT STATIONで11/30(金)にイベント『THINGS WE SAY SPECIAL』が開催となる。

【インタビュー】tofubeats 『RUN』| ただ走るしかない

tofubeatsが10/3にニューアルバム『RUN』をリリースした。昨年5月にリリースされた前作『FANTASY CLUB』で大きなテーマに誠実に向かいあったtofubeatsは、新作では誰もゲストアーティストをフィーチャーしないという選択を行っている。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。