ECDが1992年にリリースしたファーストアルバム『ECD』のリリパ音源を公開

ラッパーのECDが1992年に代々木のチョコレートシティーで行ったライブの音源を、自身のSoundCloudページで公開した。

このライブ音源は1992年にリリースされたECDのファーストアルバム『ECD』のリリースパーティーでの模様を収めたもので、全部で30分強となっている。ファーストアルバム『ECD』には"漫画で爆笑だぁ!"や"スティービー・ワンダーの瞳"、"チェック・ユア・マイク (1992 Remix)"など全14曲が収録されている。

現在闘病中のECDは、闘病をサポートしてくれるファンへのお返しとして、これまでにも自身の秘蔵ライブムービーや、キミドリのライブ映像、そして退院直後には新曲"甘く危険なお見舞い返し"を公開してきた。

RELATED

STRUGGLE FOR PRIDEが12年ぶりの2ndアルバム『WE STRUGGLE FOR ALL OUR PRIDE.』を2枚組BOX仕様でリリースへ

2016年より活動を再開した日本を代表するハードコアパンクバンドSTRUGGLE FOR PRIDEが、12年ぶりとなるセカンド・アルバム 『WE STRUGGLE FOR ALL OUR PRIDE.』を5月にリリースすると発表した。

ミュージック・マガジン4月号でECD追悼特集 | tofubeatsや田我流、粗悪ビーツ、加藤ミリヤなどがECDの1曲を選ぶ企画も

ミュージック・マガジンが最新刊の4月号で、1月に逝去したラッパーのECDの追悼特集を行っている。

和物ラヴァーズ・ロックコンピの傑作『RELAXIN’ WITH JAPANESE LOVERS』の第6弾がリリース | "ECDのAFTER THE RAIN"や小泉今日子による"空洞です"カバーも収録

マガジンハウスから刊行されていた雑誌『relax』からの特集から誕生した、70年代のロンドンで流行したスウィート&メロウなレゲエ、ラヴァーズ・ロックを集め人気を博した名物コンピレーション、『RELAXIN’ WITH LOVERS』。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。