ECDがファンに感謝を込めて1995年SLITSでのライブ動画をお蔵出し!

ガン闘病中のECDがファンに感謝を込めてお蔵出し映像をYoutubeにアップ!

 

1995年下北沢SLITSでのライブ動画で、95年にリリースされたCD『LIVE AT SLITS』に収録されたライブはこの時のものだ。

トラックリストは以下の通り。中盤のフリースタイルからキミドリや、四街道ネイチャー、Twigy、YOU THE ROCK、HAC、SHAKKAZOMBIE結成前のオースミとヒデボウイなどが登場。その後"今夜はブギーバック"のアンサー・ソング"Do The Boogie Back"や"バイブレーション"、そしてラストを飾る"MASS 対 CORE."と怒涛の展開になっている。ライブ中のECDの楽しそうな雰囲気が印象的だ。

Check Your Mike
Hip Hop Game
漫画で爆笑だあ!
Hold Up!
ECDの東京っていい街だなぁ
F--k Tomorrow
~Freestyle~
Do The Boogie Back
バイブレーション
MASS 対 CORE.

related

ECDが2014年に発表したアルバム『FJCD-015』の収録曲"ECDのジャスト ア フレンド"のミュージックビデオが3回目の命日に合わせ公開

2018年1月に亡くなったECDが2014年に発表した通算16枚目となるアルバム『FJCD-015』に収録されている"ECDのジャスト ア フレンド"のミュージックビデオが、3回目の命日に合わせ公開された。

故ECDが自身のレーベルFINAL JUNKYからリリースした9作品がSpotifyやAWAなどで解禁

2018年に亡くなったECDが自身のレーベルであるFINAL JUNKYからリリースしたオリジナルアルバム9タイトルが、SpotifyやAWAなどこれまで未解禁だったストリーミングサービスでも解禁となった。

新型コロナウイルスによる国内でのイベント中止の影響は3300億円以上か

いまだに収束の見込みがない新型コロナウイルスにより、飲食業界などを国内の経済も停滞を余儀なくされている。その中でも自粛要請により、イベントなどの興行が中止になって影響を受けているのがライブ・エンタテイメント業界だ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。