【Photo Report】ゆるふわギャング 『Mars Ice House』リリースパーティー at 土浦 Club Gold

4/22にゆるふわギャングがデビューアルバム『Mars Ice House』のリリースパーティー第1弾を土浦のClub Goldで開催した。土浦はメンバーのRyugo IshidaとAutomaticの出身地であり、GoldはRyugo Ishidaのドキュメンタリームービーに も登場する思い出の場所だ。そんな場所で開かれたパーティーの模様をYusuke Yamataniの写真でプレイバックする。

写真 : Yusuke Yamatani

ゆるふわギャング

ゆるふわギャング

Gold

東京から車で1時間ほど飛ばすと、ニトリやイオンモールという郊外には欠かせなくなってしまった巨大店舗の隣に位置する土浦 Goldに到着。中に入ると巨大なシャンデリアが出迎えてくれ、オープンして間もない時間帯であるにもかかわらず、既に20代前半とみられる地元のキッズを中心に、多くの人が集まっていた。

ゆるふわギャング

ゆるふわギャング

若手DJのMinakawaによる最新のストリートヒットを交えたプレイの後は、SpiTeがNYのドープなトラックを中心に選曲し、ライブへのはやる気持ちを巧みにコントロールする。

0342_06

ゆるふわギャング

ゆるふわギャング

その後にライブショーケースがスタート。中でも光ったのがAutomaticがプロデュースも手掛けている若手2人組SAINT MELO&Lil MANYだった。昨年リリースしたEP『NEXT?』に収録された1曲で、ミュージックビデオも作られている”YOUNG”では、若い客たちがリリックを合唱する場面も見られ、ローカルヒットになっていた。2人の独特でポップないでたちも含め、存在感をみせていた。

ゆるふわギャング

ゆるふわギャング

続いてはゆるふわギャングのマスターマインドでありBig ScoreのメンバーであるAutomaticと同じくBig ScoreのメンバーであるDJ U-DriveによるDJユニットDramatiksによるプレイだ。クラシックチューンから、French Montanaの最新曲”Unforgettable”など新旧織り交ぜたプレイはエンタテインメント性バッチリだ。後半にはDiplomatsからのA$AP MobとNYの歴史を橋渡しするような選曲も飛び出し、フロアのテンションもあがっていく。

ゆるふわギャング

ゆるふわギャング

その後地元の人気ユニットGriffinが重厚なライブを披露し、文句ない空気を作り上げたところで、時間は午前3時に差し掛かるところで、ゆるふわギャングが登場した。

ゆるふわギャング

ゆるふわギャング

ゆるふわギャング

ゆるふわギャング

Ryugo Ishidaにとっては凱旋、Sophieeにとっては初となる土浦でのライブは、地元の先輩であるDJのLiccとAutomaticをバックに盤石の態勢、100%の歓迎ムードで”Hunny Hunt”からスタート。これまでにない程の、フロア側の盛り上がりにフロントの2人も、最初から全力で応えていき、3曲目にはゆるふわギャング結成のきっかけとなった”Fuckin’ Car”では、大合唱が巻き起こった。

0338_33

ゆるふわギャング

ゆるふわギャング

ゆるふわギャング

直後にアルバム唯一のゲストLUNV LOYALを招き入れ”グラセフ”で熱狂状態をキープしつつ、そのままRyugo Ishidaのアルバム『EverydayIsFlyday』から”Fifteen”と”YRB”を披露。土浦で作られた2曲だけに、フロアはこの日1番といっていい盛り上がりに包まれ、Ryugo Ishidaも声を枯らすほどのテンションでその熱気に向かっていく。

ゆるふわギャング

ゆるふわギャング

ゆるふわギャング

さらにリリースパーティーらしいサプライズとしてElle TeresaとYuskey Carterという盟友2人を呼び込み。SophieeとElle Teresaによる”Kunoichi Money”では2人のカラフルな魅力を、”CHANEL”では4人のポップさが全開になったところで、ライブは後半戦へ。

ゆるふわギャング

ゆるふわギャング

ゆるふわギャング

ゆるふわギャング

初期曲“Dippin Shake”で、ゆるふわギャングの世界にカムバックさせたと思えば、センチメンタルだけどポップな”Sad But Good”、“Escape To The Paradise”で爽快感あふれるダンスへとフロアを誘っていく。

ゆるふわギャング

ゆるふわギャング

 

ゆるふわギャング

ゆるふわギャング

そして2人にとって重要曲である”大丈夫”を、曲ができたきっかけとなった人物で『Mars Ice House』のジャケットを手掛けているKANEの前で披露し、最後に”Don't Stop The Music”で40分のライブを一気に駆け抜けた。

ゆるふわギャング

ゆるふわギャング

ゆるふわギャング

ゆるふわギャング

ゆるふわギャング

昨年から今年にかけての軌跡を辿るようなライブは、とてもエモーショナルなものだった。そしてこのライブは『Mars Ice House』をリリースした直後の、ゆるふわギャングしか出来ないもののはずだ。まだ今週金曜日に渋谷WWWでリリースパーティーが控えている。ゆるふわギャングは、どうやら全く違うセットリストを用意しているようだ。(和田哲郎)

ゆるふわギャング

ゆるふわギャング

Event Info

ゆるふわギャング

「Mars Ice House Release Live」
日程:2017年4月28日(金)
会場:渋谷 WWW http://www-shibuya.jp/
出演:ゆるふわギャング
時間:open 19:00 / start 20:00
料金:前売¥2,000(税込 / ドリンク代別 / オールスタンディング)
お問い合わせ:WWW 03-5458-7685
チケット一般発売:3/18(土)
チケットぴあ[P:328-243] / ローソンチケット[L:71315] / e+ / WWW店頭
公演詳細:http://www-shibuya.jp/schedule/007680.php

※4/5発売のCD「Mars Ice House」に封入されている特典券を4/22土浦GOLDまたは4/28渋谷WWWの物販ブースへ持参でゆるふわギャングステッカーセットをプレゼント!(※リリースパーティーご来場者のみの特典となります)

Info

ゆるふわギャング

ゆるふわギャング ファースト・アルバム 「Mars Ice House」
発売日:2017年4月5日

1.Go! Outside
2.Dippin’ Shake
3.Hunny Hunt
4.Bleach The World
5.YRFW Shit
6.Don’t Stop The Music
7.Fuckin’ Car
8.グラセフ feat. LUNV LOYAL
9.パイレーツ
10.Sad But Good
11.Stranger
12.大丈夫
13.Sunset
14.Escape To The Paradise
15.Yes Way≠No Way

 

RELATED

FNMNLによる初のパーティーの全出演者が発表 | KID FRESINOやゆるふわギャング、田我流、okadadaなどが追加出演決定

11/16(金)に代官山UNIT・UNICE・SALOONで開催されるウェブメディアFNMNLが主催する初のパーティー。

ゆるふわギャングが新作『Mars Ice House Ⅱ』をYouTubeで全曲公開 | Beatsとのコラボムービーも

ゆるふわギャングが新作『Mars Ice House Ⅱ』を、自身のYouTubeチャンネル上で公開した。

ゆるふわギャングやMARZY、向井太一、Licaxxxなども登場するRed Bull Music Festival Tokyo 2018のCMが放送中

Red Bullによる都市型音楽フェス『RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018』の開催に伴い、出演アーティストが登場する新CMが8/27からテレビ、及び渋谷スクランブル交差点の街頭ビジョンなどで順次放送中だ。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。