「日本版のSXSWは生まれるか?」をテーマにTAICOCLUBの安澤太郎やSXSW Asia Repの麻田浩などが議論を交わすイベントが開催

CULTURE  2017.04.23  FNMNL編集部

4/27に東京・六本木のWIRED Lab.でトークイベント『音楽×テクノロジーから生まれるムーヴメント──日本発のSXSWは生まれるか?』が開催される。

このイベントはいまを読み解く多彩な知見とアイデアを交換するトークラウンジ「I.C.E CREATIVE LOUNGE」の一環として開催される。

毎年3月にテキサスで開催される音楽とテクノロジーの祭典『SXSW』をヒントに、日本でどのような形で音楽とテクノロジーが結びつく可能性があるかを登壇者が語りあう。

登壇するのはTAICOCLUBのオーガナイザー安澤太郎、SXSWのJapan Repをつとめている麻田浩、テクノロジー×エンターテインメントのメディア「SENSORS」編集長の西村真里子だ。

様々な角度から音楽とテクノロジーに関わる3者が音楽×テクノロジーによって育まれる「ムーヴメント」のあり方を考察する。

参加申し込みはこちらから。

Info
ICE Creative Lounge vol.6
「音楽×テクノロジーから生まれるムーヴメント──日本発のSXSWは生まれるか?」

日時:2017年4月27日(木)19:00 OPEN / 19:30 START〜21:30 CLOSE

会場:WIRED Lab.(東京都港区六本木1-3-40 アークヒルズ カラヤン広場 スペイン坂入口)

参加費:¥3,000(税込・ワンドリンク込み)

主催:I.C.E(インタラクティブ・コミュニケーション・エキスパーツ)

詳細はこちら

MUSIC

FASHION

CULTURE