Chance The Rapperが自身のバースデーパーティーの全ての利益総額1億円以上を寄付

先週Chance The Rapperが24歳の誕生日を迎えた。Chanceは誕生日当日にバースデーパーティーを開催、参加費などイベントでの収益のすべてが社会福祉事業やChanceが設立した芸術教育のためのNPO団体の資金に回されるものだった。

そして当日のチケット売上金などから、1億円以上が寄付にチャリティーに回されたと発表された。

Chanceの誕生日パーティーはシカゴのStudio Parisで開催、当日はLudacrisやT-Painがライブを披露し、『セサミ・ストリート』のビッグ・バードもサプライズ出演した。

We had to order Harold's once or twice for inspiration #thatsnotchicken #chancethebirthday

Alliance Bakeryさん(@alliancebakery)がシェアした投稿 -

@ludacris @chancetherapper @tpain rocking out for #chancethebirthday

RJ Melmanさん(@rjmelman)がシェアした投稿 -

チケットは100ドルからと、通常のライブよりは高めに設定され、VIP席は2500ドルだったという。今回の利益はすべてChanceが2016年に設立したNPO法人SocialWorksの運用資金に充てられるとのことだ。

RELATED

Chance The Rapperの作品のアートワークを手がけるBrandon Breauxの展覧会が緊急開催

Chance The Rapperの名作『Acid Rap』や『Coloring Book』などのアートワークを手がけているアーティストBrandon Breauxと、DUM-DUM LLPによるコラボ展が、本日から8/20(月)まで東京・原宿のOKUで開催される。

G HerboがChance The RapperはKanye WestやMichael Jordanよりもシカゴに貢献していると語る

今日、プロデューサーのSouthsideとコラボした作品『Swervo』をリリースしたシカゴのラッパーG Herbo。

Chance The Rapperが4曲の新曲をサプライズリリース

今週一度はアルバムのリリースが報じられたものの、Twitterで本人が否定したChance The Rapper。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。