Chance The Rapper、Nonameに影響を与えたシカゴの詩人Brother Mikeとは

Chance The RapperやNonameは10代の頃に、シカゴの青少年交流プログラムの『YOUmedia』でラップや作詞のスキルを学んだと、歌詞解説サイトのGeniusが指摘している。

YOUmediaとは2014年に亡くなった詩人、Brother Mikeがつくりあげたティーン向けの学び場である。公共の図書館で開かれるYOUmediaは、詩や執筆を学ぶワークショップ。YOUmediaで毎週開かれていた飛び入りで参加可能な、フリースタイルラップや詩の朗読でセッションできるオープンマイクのイベントがなかでも人気だった。そのオープンマイクセッションでChanceをはじめとするSaba、Lucki、Mick Jnekinsなどのラッパーのラップ人生のスタート地点になっているとのこと。

 

上記はChanceがまだ慣れないラップをYOUmediaのセッションで披露する動画。ここでの言葉が後にアルバム『10day』に収録された“Nostalgia”の歌詞となる。

女性ラッパーのNonameは「Brother Mikeが私たちに教え込んでくれたことが本当に私たちの才能を活かす手助けになった」とRed Eye Chicagoのインタビューで言及している。さらに別のインタビューで彼女は「Brother Mikeは私の最初の詩の先生で、私を夢中にさせた。彼が私を信じてくれて背中を押してくれた。みんなの背中を押してくれた」と想いを語っている。

Brother Mikeの死についてNonameは彼女の楽曲内でも言及していて、アルバム『Telephone』に収録された”Yesterday”の歌詞の中で「Brother Mikeを失ったことが大きすぎて心の準備がまだできてない。子供にもう一度戻れれば」と歌っている。Chanceも彼の楽曲”Acid Rain”の歌詞で「俺はただ貪欲になっていくだけ。俺は今もミスターYOUmediaだ」と歌っている。

Brother Mike、本名Mike Hawkinsは詩人として活動しながら、メディア関連の教師なども行い様々な分野に渡る指導者的な存在でもあった。シカゴの若者向けマルチメディアのシーンにおいて最も有名な指導者となり、90年代に開始したYOUmediaプログラムを通して何百人もの若者の才能を育んだ。2014年に38歳という若さで亡くなったが、今もシカゴのラッパー達に与えた影響は受け続かれている。

RELATED

Chance The Rapperがファンとともに科学や恐竜について語り合う

7月に待望のニューアルバムのリリースを控え、先日には長年連れ添ったフィアンセと結婚式を挙げるなど、公私ともに充実の一途をたどるChance The Rapper。そんな彼は今回、自身のTwitterにて科学的な質問をファン達に投げかけた。

SminoがSaba、Nonameの二人とグループを結成するアイデアを明かす

昨年、それぞれ『NOIR』、『CARE FOR ME』、『Room 25』とアルバムを発表し高い評価を受けたSmino、Saba、Noname。シカゴの新鋭であるこの三人が、グループを結成する可能性があるようだ。

Chance The Rapperらがアメリカ最高裁にラップの意義を説明する文書を送る

ヒップホップというジャンルの特性上、ラッパーの中には罪を犯し逮捕される者も多い。そうした際に彼らの楽曲のリリックが証拠として扱われることがあるが、複数のヒップホップアーティストがそれに反対し、裁判所にラップを理解する手引きとなる文書を送ったという。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。