ロンドン地下鉄車両内にサウンドシステムやミラーボール!?運行中の地下鉄車内で違法レイブが発生 【動画あり】

今週、ロンドンを実際に走る地下鉄車両内で違法レイブが開催された。ハードコアなドラムン・ベースに軽快なMCが乗り、サウンドシステムで爆音で流され、ミラーボールやレーザービームの照明機材も持ち込まれたようだ。

ロンドン地下鉄のベイカールーラインという路線内で開催されたこの車両レイブの様子はこちら。

当然ながら、ほどなくして鉄道警察に撤去されてしまったということだ。

このレイブはYouTuberのTrollstationが開催したものと見られている。突然出現したレイブ車両にしかめつらを見せるものいたが、若者を中心に喜んで乗り込んでいる様子がビデオでは見てとれる。

またビデオ内でMCしているのはHarry Shottaと呼ばれる伝説的なイギリスのMC。

駆け付けた鉄道警察も厳しい顔をしていたが、少し参加したそうな表情をしている者も見受けられる。

FNMNLでイギリスのレイブのニュース記事をもっと読みたい?こちらから。

RELATED

ヨーロッパのアンダーグラウンド・レイヴシーンを撮影したMolly Macindoeの写真集販売を記念したサイン会を開催

東京・原宿のブックストアBOOKMARCで、ヨーロッパのアンダーグラウンド・レイヴシーンを撮影してきた写真家のMolly Macindoeが、10/15(木)に来日し写真集販売を記念したサイン会を行う。

ロンドンに24時間営業のクラブ『FOLD』が今夏オープン

「オーディオと映像のパフォーマンススペースと、スタジオの集合体」と表現される『FOLD』が8/18にオープン予定。ロンドンの工業地帯にある印刷工場の上に作られたこの施設で、600人キャパのナイトクラブと音楽スタジオが共に24時間営業されるようだ。

ロンドンの2000年代後半から現在までのダンスミュージックシーンを捉えた写真集『SIGNAL THE FUTURE 』

スイス人フォトグラファー、アーティストであるゲオルグ・ガッサスが2008年~2017年のロンドンのダンスミュージックシーンを捉えた写真集『SIGNAL THE FUTURE 』が刊行された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。