テルミンからモジュラーシンセまで電子楽器100年の歴史をたどるエキシビションがベルリンで開催中

MUSIC  2017.04.04  FNMNL編集部

この100年間で発明されてきた電子音楽楽器、テルミンからモジュラーシンセを集めたエキシビションがベルリンで開催されている。

Good Vibrationsと呼ばれる展覧会では100年間のうちに開発リリースされてきた楽器を見ることができる。1920年台のロシアのテルミン、ヒッチコックの『鳥』で使用された、1929年ドイツで生まれた電子楽器Trautoniumなども展示されている。

NewImage

もちろん代表的なシンセサイザー、Fairlight CMI、ブクラ、EMS VCS 3などなどのクラシックなものから、プロトタイプの段階のシンセも見ることができる。

ベルリンのティーアガルデン地区にある音楽研究所で3/25から6/25まで開催中。ワークショップもある。

ベルリン滞在予定のある人は訪れてみては?ウェブサイトはこちら

MUSIC

FASHION

CULTURE