Travis ScottとMigosのQuavoによるコラボプロジェクトがリリースへ

Travis Scottが本日アルバム『Birds In The Trap Sing Brian McKnight』に収録されている、Kendrick Lamarをフィーチャーした"Goosebumps"のミュージックビデオをApple Musicで公開した。

それに合わせApple Music Beats 1のZane Loweの番組に出演したScottは、MigosのQuavoとのコラボ曲"Return"と"Lo-Fi"をプレビューした。

Scott曰くこの2曲はQuavoとのコラボプロジェクトに収録される予定ということだ。3月にTwitterで明かしたように、このビッグコラボ作は制作が進んでいるようだ。

Quavoとの意思疎通は順調と明かすScottは毎日のようにこのプロジェクトに取り組んでいると明かしている。さらにScottは現在取り組んでいるソロ作『Astroworld』も、すでに3曲が完成したと述べた。夢のコラボ作に、ソロ作とTravisは今年も精力的だ。

 

RELATED

Travis ScottとKylie Jennerの破局は2人目の子どもについての意見の相違が原因か

昨日お伝えした、Travis ScottとKylie Jennerの破局という衝撃的なニュース。現代を代表するビッグカップルの破局は世界中で波紋を呼んだが、その続報が入ってきた。

Travis ScottとKylie Jennerが破局したとの報道

2017年から交際を続け、昨年には娘のStormiちゃんが誕生していたTravis ScottとKylie Jennerが破局したとTMZが報じている。

Travis Scottが『Astroworld』でのサンプリングをめぐるDJ Paulとの裁判に合意|今週金曜日に新曲のリリースも予告

今年4月、メンフィスの伝説的グループThree 6 MafiaのメンバーであるDJ PaulがTravis Scottを相手取り訴訟を起こしたことを覚えているだろうか?アルバム『Astroworld』収録曲である“NO BYSTANDERS”にて用いられた“Fuck the club up”というフレーズがThree 6 Mafiaの代表曲“Tear Da Club Up”を無断で引用しているとして起こされたこの裁判が今回、和解という形で落ち着いたようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。