ベルリンの名クラブ・ベルグハインがエントランスの壁画を販売へ

MUSIC  2017.03.19  FNMNL編集部

ベルリンの名クラブ・ベルグハインのエントランスホールに飾られていた巨大な壁画が取り外され、売却されることが判明した。

Piotr Nathanの壁画『Rituals Of Disappearance』は2004年のクラブオープンからクラバーたちを迎えていたのだが、エントランスエリアの建て替えに伴い、オーナーは処分することを決めた。

壁画は171に分割されアルミのパネルに額装され販売される。4/17から特設サイトにて500ユーロにて購入可能。

MUSIC

FASHION

CULTURE