FNMNL × LINE MUSIC スペシャルプレイリスト Vol.3 | Young Hastleが選ぶ酔ってる時に聞いてる曲

FNMNLが音楽配信サービスLINE MUSICでプレイリストをスタート。FNMNLがチョイスしたアーティストやDJなどのキュレーターがLINE MUSICのアーカイブの中から、テーマ別で選曲を行う。

3回目は4枚目のアルバム『Forever Living Young』をリリースしたばかりのラッパーのYoung Hastleが登場。アルバムのリードトラック"酔ってる"にちなみ、Young Hastleが毎日仲間と酒を飲んで酔ってる時によく聞いてる曲をチョイスしてもらった。

ヤンハスが選ぶ酔ってる時に聞いてる曲

1. DJ TY-KOH - 毎日飲む酒

Young Hastle

コメント

酒シリーズ第1弾  金麦!

2. Young Hastle - 酔ってる

Young Hastle

コメント

酒シリーズ第3弾 ドドスコ!

3. DJ TY-KOH - バイトしない

Young Hastle

コメント

ないないシリーズ第1弾 FLY BOYクラシック!

4. Young Hastle - 普通じゃない

Young Hastle

コメント

ないないシリーズ第3弾 I'm not a regular person!

5. Kowichi - 1人でしない

Young Hastle

コメント

ないないシリーズ第2弾 FLY BOYアンセム!

6. DJ TY-KOH - Smoke Heavy

DJ Ty-koh

コメント

吸う〜〜〜〜

7. Y'S - Lazy

Young Hastle

コメント

ビデオが懐い!毎日1~7のビデオをYouTubeで仲間と飲みながらよく見てる!

8. Gucci Mane - At Least A M

Gucci Mane

コメント

Beatちょー好き!

9. Kap G - Girlfriend

Kap G

コメント

去年の夏に出た時からずっと好き!

10. Usher - No Limit

Usher

コメント

Remixもよい!

Young Hastleがチョイスしたオリジナルプレイリストの視聴と、11曲目から20曲目の選曲はLINE MUSICで!

 

 

 

RELATED

【ライヴレポート】『分離派の夏』の終わり | 小袋成彬がライヴで表現した言葉にならない感覚

小袋成彬はさまざまなインタビューで、デビューアルバム『分離派の夏』は個人的な作品であると話していた。だが同時に「主観と客観のせめぎ合いを音楽の秩序に放り込んだんですね。語っているのは自分なのか、子供の自分なのか曖昧なまま突き進んでいって、曲が出来た瞬間に完全に自分から離れるんですよね。僕のものではな...

Taeyoung BoyがFriday Night Plansをフィーチャーした"Ain’t nothing"をリリース

EP『GIRL』をリリースし、様々な客演もこなしているTaeyoung Boyが、新鋭R&BシンガーのFriday Night Plansを客演に招いた新曲"Ain’t nothing"を本日リリースした。

【特集】IAM来日直前スペシャル | 多文化主義をベースとしたフレンチ・ヒップホップの巨人

広く知られているように、フランスは、世界第二位のヒップホップ大国だ。少なくとも、今現在に至る過去20年をザッと振り返ってみても、総合アルバムチャートのトップ10にヒップホップ及びラップ作品が一作も入っていない週などなかったのでは、と言っても決して言い過ぎではないほど、セールス面においても一ジャンルとして安定した人気をも維持している。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。