FNMNL × LINE MUSIC スペシャルプレイリスト Vol.3 | Young Hastleが選ぶ酔ってる時に聞いてる曲

FNMNLが音楽配信サービスLINE MUSICでプレイリストをスタート。FNMNLがチョイスしたアーティストやDJなどのキュレーターがLINE MUSICのアーカイブの中から、テーマ別で選曲を行う。

3回目は4枚目のアルバム『Forever Living Young』をリリースしたばかりのラッパーのYoung Hastleが登場。アルバムのリードトラック"酔ってる"にちなみ、Young Hastleが毎日仲間と酒を飲んで酔ってる時によく聞いてる曲をチョイスしてもらった。

ヤンハスが選ぶ酔ってる時に聞いてる曲

1. DJ TY-KOH - 毎日飲む酒

Young Hastle

コメント

酒シリーズ第1弾  金麦!

2. Young Hastle - 酔ってる

Young Hastle

コメント

酒シリーズ第3弾 ドドスコ!

3. DJ TY-KOH - バイトしない

Young Hastle

コメント

ないないシリーズ第1弾 FLY BOYクラシック!

4. Young Hastle - 普通じゃない

Young Hastle

コメント

ないないシリーズ第3弾 I'm not a regular person!

5. Kowichi - 1人でしない

Young Hastle

コメント

ないないシリーズ第2弾 FLY BOYアンセム!

6. DJ TY-KOH - Smoke Heavy

DJ Ty-koh

コメント

吸う〜〜〜〜

7. Y'S - Lazy

Young Hastle

コメント

ビデオが懐い!毎日1~7のビデオをYouTubeで仲間と飲みながらよく見てる!

8. Gucci Mane - At Least A M

Gucci Mane

コメント

Beatちょー好き!

9. Kap G - Girlfriend

Kap G

コメント

去年の夏に出た時からずっと好き!

10. Usher - No Limit

Usher

コメント

Remixもよい!

Young Hastleがチョイスしたオリジナルプレイリストの視聴と、11曲目から20曲目の選曲はLINE MUSICで!

 

 

 

RELATED

【インタビュー】KERENMI | 国内で椅子取りゲームするより、新しい席を作りたい

日本を代表するプロデューサー・蔦谷好位置が、新たにKERENMIというプロジェクトをスタートさせた。11月23日にリリースした「ROOFTOPS」を皮切りに、今後SALUをはじめとするさまざまなアーティストとの共演曲を発表していくという。J-POPですでに圧倒的なポジションを確立している蔦谷は、なぜ変名プロジェクトをやろうと思ったのか? その思いを聞いた。

【特集】初来日公演を行うOddiseeが選ぶDMVエリアが生んだ10曲

11/26(月)に初来日公演を代官山UNITで開催するOddisee。ラッパー、そしてプロデューサーとしてソウルフルなサウンドが日本でも高い評価を受けている彼が、今回の来日公演を前に、彼が生まれ故郷であるワシントンD.C.、メリーランド、ヴァージニアからなるDMVエリアのフェイヴァリットチューン10曲をセレクトしてくれた。彼の生まれ故郷が育んだ音楽の歴史をチェックしてほしい。

DJ TATSUKIのSpada、G.G. Ujihara、Young Hastleをフィーチャーした"Party (Remix)"のミュージックビデオ

DJ CHARIとの活動でもしられるDJ TATSUKIが、Normcore BoyzのSpada、G.G. Ujihara、Young Hastleをフィーチャーした"Party (Remix)"のミュージックビデオが公開となった。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。