Chance The Rapperが家族の存在や出産に立ち会った経験について語る。「こんな喜びは今までに経験したことがなかった」

MUSIC  2017.03.15  FNMNL編集部

Chance The RapperはComplexのカバーストーリーで自身のアルバムは、フリーダウンロードではなく売り物になることを示唆しているが、このカバーストーリーでChanceは家族についても語っている。

Chanceと同じく父親になったばかりのインタビュアーに、理想の父親について聞かれたChanceは、「自分の父親(=Ken Bennett オバマ前大統領の広報をつとめた)が理想の父親だ」と答え、「父は献身的であることや、時間のコントロールの大事さ、誠実であることを僕に示してくれている」と答えた。

自身が父親になったことで、両親に対する気持ちは変わったかとの問いには、「はっきりとね、母と父はいつも僕の近くにいてくれて、僕のやってきたことを見守ってきてくれてた」と回答。

さらに父母から怒られたりしたことは意味があったか?と尋ねられたChanceは「当然だよ、僕はこれは結局循環していくことだと気付いたんだ。ああ、そうか僕の子供達も、脱走しようとしたり、マリファナを吸おうとしたり、先生と口論したりしようとするんだろうなって。両親も同じことをしてたはずだよ。それはハッとするようなことだったよ。そのサイクルは続くはずだよ。僕の子供も子供ができて、それが続いていく。美しくてロマンティックなことだよね」と話した。

また彼女が妊娠した時はどう思ったかという質問には「現実から目をそらしたかったよ、僕は22歳で父親になるなんて思ってもなかった。すごい大きな衝撃だった。そのとき僕はツアーをたくさんして、どこに僕は進んでいくのかを探っていた。まだ『Coloring Book』もリリースされてなくて、宙ぶらりんの状態だった。その上でまた別の大きなことが起こったからね。僕は恐怖して、目をそらしたかった。でもちょっとずつ気持ちが楽になって、赤ちゃんを迎え入れる準備をしたよ。楽観的にいるんじゃなくて、手招きして「僕は赤ちゃんを迎える準備ができてるぞ」ってね」と正直な心境を告白した。

さらに出産にも立ち会ったChanceは、その光景が「想像以上に美しかった」と振り返る。「こんな喜びは今までに経験したことがなかった。これまで僕は多くの葬式に参列したけど、-シカゴが他の街と違って葬式が多すぎるのには気づいてなかった-それとは全く正反対の光や喜びをみることができた。曲にはできなかったようなことだったよ」と自分にとって特別な体験だったと明かした。

Chance The RapperのComplexのカバーストーリーは下記で全てみることができる。

MUSIC

FASHION

CULTURE