Snoop DoggがBADBADNOTGOODとKaytranadaのトラックで強烈にアメリカを批判するリミックス曲を制作し、オリジナルMVを公開

Snoop Doggが、BADBADNOTGOODとKaytranadaの共作トラック"Lavender"を用いてオリジナルの楽曲とMVを制作した。

Snoop Doggは昨年10月に自身のInstagramに新曲の一部分をアップ。そこで"Lavender"を使用していたことが話題になっていた。

A video posted by snoopdogg (@snoopdogg) on

A video posted by snoopdogg (@snoopdogg) on

 

このSnoopヴァージョンのビデオの世界では登場人物全員が道化師になっている。警察による黒人に対する暴力と人種差別をSnoop Doggが強烈に批判するというストーリーだ。 途中トランプ大統領のような人物も登場するもスプリフを回してもらえないというユニークなカットも。

Lavender (Nightfall Remix) feat. Kaytranada & Snoop Dogg) BADBADNOTGOODは楽曲として同時にリリースされている。

オリジナルの動画はこちらから。

 

またFNMNLは昨夏BADBADNOTGOODにインタビューを敢行。Kaytranadaとのセッションを以下のように語ってくれた。

- Kaytranadaとのセッションについて教えてください。”Lavender”はどのように出来上がりましたか?また彼の魅力はどのようなところでしょうか。彼との楽曲はまるで宇宙空間で演奏してるかのようなトリッピーなグルーヴの楽曲になっていますね。

Chester - 彼は俺たちの友達でもあって、素晴らしいアーティストなんだ。1年半くらい前に出会って、それからずっと友達。彼がトロントにいるたびにスタジオに来てもらって、アイディアを交換し合ってゆっくり出来上がったのが"Lavender"で、そのアイディアをもとに色々試して音を重ねていったんだ。ヴァージョンはいくつか作ったね。彼が持ってくるアイディアって、本当に驚きなんだよ。彼って、即座に何でも思いつき、作り出すことが出来るんだよね。サンプルの操り方も素晴らしい。本当に才能あふれるアーティスト。シンセやタンバリンなんかもプレイしているよ。実は、彼と作った作品はあと30~40あるんだ(笑)これから徐々にリリースしていけるといいけど。

RELATED

【オフィシャル・フォトレポート】『Rolling Loud Japan Pre-Roll』 | KOHH、KAYTRANADA、kZm、MARZYが出演

今年はマイアミで18万人を動員した世界No.1のヒップホップフェス『Rolling Loud』が、CROSS THE BORDERをテーマに国境を越えプレイベントを7/1(日)に東京・TABLOIDで開催した。

世界最大のヒップホップフェス『Rolling Loud』が日本上陸 | KAYTRANADA、KOHHなどが出演しローンチパーティーを開催

世界最大のヒップホップフェスとして名を轟かせている『Rolling Loud』が、日本に上陸する。

オールマイティーなプロデューサーKaytranadaの待望の初来日公演が決定

ハイチ出身で現在はカナダを拠点に活動するプロデューサーKaytranadaの待望の初来日公演が開催される。 Kaytranadaの来日公演は6/29(金)に東京・恵比寿のLIQUIDROOMでの深夜開催が決定した。現在25歳のKaytranadaはKaytradamus名義で2010年から活動...

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。