UberのCEOが自社のドライバーと車内で口論。「給料が低いのは自己責任」と切り捨てる

自動車配車サービスUberの社長創設者でありCEOのTravis Kalanickが、Uberのドライバーと口論している映像をアメリカのメディアがBloombergが報じた。

KalanickとドライバーのFawzi kamelの口論はKalanickが下車しようとするときに起こった。Kamelは自身が担当しているUberのサービスの中でも最高級のUber Blackの乗車料金が最近1マイルが20ドルから3.75ドルと大幅に値下げされたことについて、Kalanickに不満をぶつけ、そのせいで9万7000ドルも損したと主張する。

その後、口論はヒートアップし、KalanickはKamelの要求を「でたらめだ」と切り返した。そして、Kalanickは「多くの人は自分で責任を取りたがらない。そういう奴は自分の人生を誰かに押し付ける。幸運を祈る」と言い捨て、そのまま下車してしまった。

Uber Blackの使用は最近、減少傾向にあった。2014年の料金システム変更や低価格のUberXの登場に伴い、高級な車であるにも関わらず、使われる頻度も少なくなった。しかし、レンタルや維持にかかる費用が高いため、Uberドライバーの間で問題が広がっていた。

Kalanickはこの一件がBloombergの報道された後、従業員に謝罪のメールを送っている。

「やっと今、報道されたビデオを見た。恥ずかしいというだけでは、あまりに控えめになってしまう。私の仕事はリーダーとして従業員を導くことだ、、、またそうした行動をすることで、私たちに誇りが生まれる。やったことに関しては言い逃れはできない」と後悔の念を表し、「私はリーダーとして変わらなければならないし、成長しなければならない」と、反省の気持ちを述べた。

先日、Uberはトランプ政権に近づいているとして、ソーシャルメディア上で#DeleteUberという不買行動へのハッシュタグがトレンド入りし、約20万アカウントがUberを解約してしまった。。そこに畳み掛けるように起こってしまった、CEOによるUberのドライバーへの高圧的な物言い。Uberの信頼回復への道のりは険しい。(野口耕一)

 

RELATED

ラップ好きの白人、静かな人、ヒップスターなど乗客別に流すSpotifyプレイリストを変えるUberのドライバー

アメリカのUberドライバー、TJ Jonesさんが乗客のタイプ別に作成したSpotifyのプレイリストが大きな話題となっている。

Uber乗車中にドライバーがオーラルセックスを開始

大ヒット曲"Uber Everywhere"の例をあげるまでもなく、Uberは今やアメリカ人のライフスタイルに欠かせないものとなっている。

Uberに間違った住所を伝えて、即寝落ちするとどうなる?

またもう一人強欲なドライバーの犠牲者が出てしまった。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。