Kodak Blackのニュービデオに「Cash Me Outside」で一躍有名となった少女が登場

Danielle Bregoliは、2016年9月にアメリカのテレビ番組「The Dr. Phil Show」に出演し、その際の映像がネット上でバイラル動画として広がり、一躍有名人となった13歳の少女である。その少女がKodak Blackの"Everything 1K."のビデオに登場した。

 

Danielleが出演したその日は「手に負えない子ども」が番組のテーマ。彼女は母親に連れられスタジオに登場した。1日に2度も家出をしたり、親のクレジットカードを盗んだり、車を盗んだりと、様々なエピソードが明かされていく中で、冷笑を浴びせるオーディエンスたちに彼女は「catch me outside, how about that?(捕まえてみろよ)」と発言。しかし、これが彼女のユニークなアクセントによって「cash me outside, how bow dah?」という言葉に聞こえるということから、ネット上で話題となったのが始まりだ。

 

そして、この放送の数日後に航空機内でDanielleが他の乗客に殴りかかっている様子が撮られた動画が出回ったことも人気(?)にさらに火をつけ、次々とネット上で「cash me ousside, how bow dah?」のリミックスが生まれ、一気に全米で有名となっていった13歳のDanielle Bregoli。

 

そんな彼女がなんと、今回Kodak Blackの"Everything 1K."のビデオにオフィシャルではないがフィーチャーされているのだ。「cash me ousside, how bow dah?」と書かれたTシャツを着て、札束を数える彼女の姿をぜひ確認してみてほしい。

(辻本秀太郎)

 

RELATED

Kodak BlackがGucciのブラックフェイスセーターへの批判に対し「あれは差別じゃない」と反論

言わずと知れたラグジュアリーブランドのGucciが発売した黒のセーターが問題となっている。セーターは鼻の下まで覆うマスクがついており、口の部分に穴があき周りを赤いラインが縁取るデザインとなっている。これが古くから黒人を差別する表現として用いられてきた「ブラックフェイス」と酷似している、として批判の対象となった。

DrakeがKodak Blackの『Dying to Live』を「ここ5年間で一番好きなアルバム」と絶賛

先週末にリリースされたKodak Blackの最新作『Dying to Live』をDrakeが絶賛していることが明らかとなった。

Kodak Blackがインタビュー中に自身のレイプ容疑について触れられ席を立つ

今週金曜日にアルバム『Dying to Live』のリリースを予定しているKodak Black。複数の容疑で8ヶ月の間収監されていた彼がHot97のラジオ番組「Ebro in the Morning」に出演し、キャリア初となるインタビューに応じた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。