Drakeがロンドン公演で多様性を祝福するメッセージを語り、ドナルド・トランプを批判

MUSIC  2017.02.08  FNMNL編集部

カニエ・ウェストはトランプ大統領を褒めるようなツイートをすべて削除したが、Drakeは一体何を思っているのだろうか?

Drakeは現在ロンドンで「Boy Meets World tour in London」開催中。先日の日曜日Drakeはトランプ大統領と多様性について語り、ドナルド・トランプを批判するメッセージをファンに向かって送った。その動画をTwitterユーザーがアップしている。

毎日、朝起きると世界では、クソみたいな事やおれたちを引き裂いて、仲違いさせようとする奴らを目にする。

今夜、自分が誇りに思う瞬間は、チケットをソールドアウトさせたことや、自分の曲を歌ってくれる人がいるっていうことじゃない。それは、この会場を見渡した時に、いろんな人種や出自のやつがこの会場に集って、愛を示し、より人生を祝福し、音楽を祝福していることなんだ。

世界をバラバラに引き裂けると思っているやつがいるとすれば、頭がおかしいやつだろう。この世界を一つにできるのはおれたちに掛かっている。あの野郎はくたばっちまえ。

MUSIC

FASHION

CULTURE