『NEO TOKAI ON THE LINE』リリーススペシャル | YUKSTA-ILLがチョイスするNEO TOKAIが生んだ10作

2/2にアルバム『NEO TOKAI ON THE LINE』をリリースした、ラッパーのYUKSTA-ILL。東海地方を代表するラッパーである彼は、FNMNLのインタビューでも地元・東海のヒップホップシーンについて語ってくれた。

YUKSTA-ILLも所属するSlum RC / RC Slumを中心にNEO TOKAIやTOKAI DOPENESSと呼ばれる新しいムーブメントが巻き起こっているが、こちらの企画ではYUKSTA-ILLにNEO TOKAIが生んだベストアルバム10枚をチョイスしてもらった。間違いなくすべてドープな作品だ。

YUKSTA-ILLがチョイスするNEO TOKAIが生んだ10作

1. 呂布カルマ - 『13 Shit』(2009年)

41263uS5P0L._SX425_

コメント

鷹の目(当時DJ tknm)トラックの1曲目"消エ失セロ"を刃頭さんがよくクラブでかけてた。SKITも秀逸。(YUKSTA-ILL)

2. HIRAGEN - 『CASTE』(2010年)

Hiragen

コメント

RCSRECS.のオフィシャルリリースとしてはこれが初。(実はその前に2タイトルあるけど)当時から「SLUM RC」って言葉はありました。(YUKSTA-ILL)

3. Campanella - 『DETOX』(2011年)

Campanella

コメント

当時のUNSIGNED HYPE感が凄かった。5曲目のC.O.S.A.トラック"
F​*​ck Sw​*​g J​-​RAP​"は今聴いてもBANGER。(YUKSTA-ILL)

4. TOSHI蝮 - 『Blue Cheeese』(2012)

Toshi Mamushi

コメント

アルバムを通しての世界観が好き。地に足着いてる感じ。(YUKSTA-ILL)

5. MIKUMARI × OWL BEATS -『URA BOTTOM』(2014年)

Mikumari

コメント

1st『FROM TOP OF THE BOTTOM』のREMIX盤。奄美出身で鹿児島に拠点を置きながらもNEO TOKAIなOWL BEATSが再構築。(YUKSTA-ILL)

6. MAKER - 『GRAVITIC』 (2015年)

Maker

コメント

FLOWが引力に逆らって無重力。ウィットに富んだ岐阜県郡上市産。(YUKSTA-ILL)

7. C.O.S.A. - 『Chiryu-Yonkers』(2015年)

C.O.S.A.

コメント

US感覚のリリシズムを日本語に昇華。正規流通を通してないこの作品の随所にHIPHOPマナーを感じる。(YUKSTA-ILL)

8. K.Lee - 『DEFTOPIA』(2014)

K-Lee

コメント

東海の皆がずっと待ってたソロリリース。その佇まいがRAPにも表れてます。(YUKSTA-ILL)

9. MEXMAN - 『SOUL KITCHEN』(2015年)

Mexman

コメント

オリジナルTYRANTでもある同郷の兄弟。ルーツを大切にして地元に根を張る内容。とある1ラインを自分のアルバムの曲で引用してる。(YUKSTA-ILL)

10. SOCKS - 『Never Dream This Man』(2015年)

SOCKS

コメント

彼との関係は5曲目"Ownerz of Honor"にすべて集約されてる。WE ARE 名誉所有者。華やかなアルバムだと思う。(YUKSTA-ILL)


Release Info

YUKSTA-ILL

アーティスト: YUKSTA-ILL (ユークスタ・イル)
タイトル: NEO TOKAI ON THE LINE (ネオ・トーカイ・オン・ザ・ライン)
レーベル: P-VINE
品番: PCD-25216
発売日: 2017年2月2日(木)

1. NEW STEP
Prod by GINMEN
2. KNOCKIN' QRAZY Prod by Olive Oil
3. STILL T
Prod by MASS-HOLE
4. FCZ@MAG SKIT 5. HOOD BOND
Prod by GINMEN
6. OVERNIGHT DREAMER

Prod by PENTAXX.B.F
7. LET'S GET DIRTY / feat. SOCKS
Prod by PUNPEE 8. WEEK-DEAD-END Prod by DJ SEIJI
9. RIPJOB
Prod by Olive Oil
10. GOTTA GO
Prod by OWL BEATS
11. GIFT & CURSE Prod by MASS-HOLE
12. TO MY BRO Prod by GINMEN
13. LOOK AHEAD OF US / feat. Campanella Prod by SNKBUTNO
14. NEO TOKAI ON THE LINE Prod by RAMZA
15. CLOSED DEAL Prod by GINMEN

RELATED

16FLIPやMASS-HOLE、YUKSTA-ILLなど1982年生まれのアーティストたちによるDJプレイが楽しめるパーティー『1982s』

4/7(土)に東京・中目黒のSolfaでパーティー『1982s』が開催される。

ベストサマーチューン 2017 Selected by YUKSTA-ILL

FNMNLの夏企画『ベストサマーチューン』。アーティストやDJ、アパレル関係者、はたまたブロガーやライターなどの方々が、思い思いの2017年夏の1曲をピックアップ。

YUKSTA-ILLの新作『NEO TOKAI ON THE LINE』から“KNOCKIN' QRAZY”のミュージックビデオ

C.O.S.A.やCAMPANELLAも参加する東海のクルー、RC SLUM / SLUM RCのラッパーYUKSTA-ILLのアルバム『NEO TOKAI ON THE LINE』から、Olive Oilのプロデュースによるリード・トラック"KNOCKIN' QRAZY"のミュージックビデオが公開された。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。