AOMGのHoodyによるスムースなK-R&Bミックス

Jay ParkとSimon Dominicが率いる韓国のレーベルAOMGは、現在最も勢いのあるクルーだといっていいだろう。昨年はアメリカや台湾などでもツアーを行い、Jay Parkのアルバムなどのリリースも高い評価を得た。

ポップさもありつつ、しっかりとアーバンミュージックシーンに根ざしたバランス感こそAOMGというレーベルの魅力だが、そんな魅力を体現するミックスをAOMGに所属するHoodyがFaderに提供している。

Hoodyは昨年12月にファーストEP『On And On』をAOMGからリリース、GrayやCha Cha MaloneといったAOMG自慢のプロデューサーが参加し、韓国R&Bシーンの巨匠JinboもフィーチャーされたスムースなEPは話題となっている。

今回Faderに提供したミックスでもJinboやPeejay、Xin Sehaなど韓国でもメロウなサウンドを得意とするアーティストの楽曲や、もちろん自身の楽曲も収録したスムースでメロウな仕上がりだ。

FaderではHoodyのインタビューも掲載されているので、ぜひチェックを。

RELATED

Dimensions Festivalのミックステープコンテスト『Art Of The Mixtape』でKay Suzukiが勝利

クロアチアで開催されるフェスティバルDimensions Festivalと音楽サイトMusic Is My Sanctuaryが主催するミックステープ・コンテスト『Art Of The Mixtape』で、ロンドン在住の日本人アーティストKay Suzukiが勝利した。

MUROによる日本産AORミックス『DIGGIN' JAPANESE AOR mixed by MURO』がリリース

MUROが4/26に『DIGGIN' JAPANESE AOR mixed by MURO』をリリースした。

工藤キキによる自作曲も収録したFader Mixが公開

NY在住でライターやDJとしても活動する工藤キキがFaderの名物企画Fader Mixに登場。自作曲も収録したミックスを公開した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。