サンダンス映画祭で公開されたFlying Lotusが監督をつとめた映画『Kuso』はグロテスクな描写に途中退席続出の怪作か!?

Flying Lotusが初監督をつとめた映画『Kuso』がサンダンス映画祭で期待の中プレミア上映されたが、多くの人がグロテスクな描写を見て、席を立ったと報道された。

『Kuso』は大地震に見舞われ、破滅的な状態となったLAを舞台に生き抜こうとする人々などを描いた映画で、SFやアメコミ、コメディーなどの要素が入った映画となっている。

注目のサウンドトラックには、ゲーム『サイレントヒル』のサウンドトラックを制作したAkira Yamaokaや、Aphex Twin、Flying Lotusのラッパー名義のCaptain Murphy、Thundercatなどが参加している。

ホラー・ムービーなどのレビューサイトBloody Disgustingは本作をLuis Buñuel監督の『Un Chien Andalou』や『The Holy Mountain』などと並べんで、精神がぶっとんだ怪作に位置づけている。

ジョージ・クリントンが巨大なゴキブリを肛門から出産するなどの描写があるそうだ。

トレイラーはこちらから。上映日は未定。

RELATED

渋谷の街頭ビジョンを用いた『NEO SHIBUYA TV』にアート作品を紹介する番組が登場

渋谷の9機の街頭ビジョンを用いて、広告だけではない映像作品を輩出し、新たな街頭ビジョンの可能性を、創造の分野で追求するプロジェクト『NEO SHIBUYA TV』。

Flying LotusがSONICMANIAとSUMMER SONICで最新3Dライブを日本初解禁

SONICMANIAとSUMMER SONICで来日するFlying Lotusが、日本で初めて3Dライブを披露することが決定した。

tofubeatsのニューアルバム『RUN』から映画『寝ても覚めても』の主題歌"RIVER"の先行リリースが発表

10/3(水)に4thアルバム『RUN』をリリースするtofubeatsが、収録曲で映画『寝ても覚めても』の主題歌である"RIVER"の先行リリースを発表した。 この楽曲は『寝ても覚めても』の濱口竜介監督の前作『ハッピーアワー』に、tofubeatsが深く感銘を受けたことが縁で書き下ろしたこれ...

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。