【Report】サウンドシステム・カルチャーの祭典Outlookフェスの10周年を記念したオーケストラコンサート

2008年に3つのステージのみでスタートしたOutlookフェスティバルは、この10年でレゲエ、ダブ、ダブステップ、UKガラージ、グライム、ドラムンベース等のいわゆるベースミュージックを中心としたフェスとしては世界最大の規模へと成長した。

先述したジャンルの音楽を点でなく線で結んだという意味でもOutlookの功績は大きく、実際に2000年代の後半はロンドンにおいても、ダブステップはダブステップのみで、ドラムンベースはドラムンベースのみのイベントがほとんどであり、現在のようにOm UnitがChannel Oneのシステムでプレイするといった事象はOutlook以後の事である。

筆者は第2回の2009年に初めてクロアチアの地を訪れ、Outlookを体験したのだが、その頃はまだステージも3つでヘッドライナーもZion Train, Iration Steppas, Foreign Beggars, Digital Mystikzで、Laulyn HillやMos Def等を招いている近年のOutlookに比べると遥かに小規模でアットホームな雰囲気だったが、サウンドシステムへのこだわりや、低音好きが集まるという点、町並みや音楽以外のアミューズメントを充実させる他の人気フェスと違い、ステージと爆音のサウンドシステム、小さなビーチ、トイレ以外特に何も無い構成は当時から続いている。

そのメガフェスティバルとなったOutlookが先日10周年を記念し、Outlook Orchestraと題したイベントをRoyal Festival Hallというロンドン最大級のコンサートホールで開催された。

Photo by Nicola Antonazzo @nicolagypsicola

Outlook Orchestra

このイベントの為に編成されたオーケストラをバックにOutlookオールスターズとも言えるMC陣(General Levy、Dawn Penn、Newham Generals、Flowdan & Killa P、Pharoahe Monch、Congo Natty等)がヒットチューンを歌い、ライブダブミックスはAdrian SherwoodとMad Professorが担当するという豪華な内容で、コンサートの序盤に着席していた観客も次第に総立ちとなり、普段のRoyal Festival Hallでは見られない熱気が沸き起こった。

General Levy
General Levy

 

Part 2 #royalfestivalhall #outlookorchestra #realartist #bigflowdan #killap #skeng ???

Malaさん(@maladmz)が投稿した動画 -

The Bugとのクラシック チューン”Skeng”をパフォームするFlowdanとKilla P。

Skreamのダブステップアンセム、"Midnight Request Line"

コンサート最後の曲となったのはここ数年のサウンドシステムのアンセムであるDubkasmの”Victory”だ。

 

満員とホールの客層は普段Outlookフェスや関連のイベントで大半を占める20歳前後の客層ではなく、20代後半から30代以降といった年齢層が目立った。第一回のOutlookフェスの時に20歳だった人も現在は30歳、少し大人になった彼らに、オーケストラが奏でる思い出の曲達はよく響いただろう。(高倉宏司)

Outlook

Outlook

RELATED

【ライヴレポート】『LIVE in JAPAN 2018 星野源 × MARK RONSON』| 国境を越えて共鳴するモダンなポップミュージック

星野源とマーク・ロンソンのダブルヘッドライナー公演「LIVE in JAPAN 2018星野源×MARK RONSON」が12月17日に千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホールにて開催された。

【ライヴレポート】宇多田ヒカル 『Laughter in the Dark Tour 2018』 | 「今までで一番ライヴを楽しんでいるんだ」

宇多田ヒカルのコンサートツアー『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』の埼玉公演が、12月5日にさいたまスーパーアリーナで開催された。この日のライヴは同会場での2DAYS公演の2日目。ツアー全体では12月8、9日に幕張メッセ国際展示場で行われたファイナルを前にした終盤戦だった。

【ライヴレポート】NAO | バンドセットでシンガーとしての力量をみせつけた文句なしの「楽しい」パフォーマンス

会場に集まったオーディエンス全員が笑顔で帰路に着いたことが想像できるような、文句なしに「楽しい」ライヴだった。いい意味でイメージを裏切られた——そんな人も多かったのではないだろうか。 Ella MaiやJorja Smith、などイギリス発の女性R&Bシンガー新世代が世界的な注目を集め...

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。