Meek MillもDrakeに500万ドルをかけたボクシングマッチを要求。ラウンドガールには元カノNicki Minajをリクエスト

ヒップホップシーンでは歯止めのきかないボクシングブームが巻き起こっている。Soulja Boy VS Chris Brown戦だけが現在実現しそうなカードだが、他にも22 Savageが21 Savageに対し、Kodak BlackがLil Wayneに対し現在試合を要求している。このブームに便乗してまたも因縁の2人が登場した。

その2人とはMeek MillとDrakeだ。この2人のビーフは2015年にMeek Millが「Drakeはゴーストライターを使っている」と非難したことから勃発。最終的にはDrakeがインターネット上などの支持をとりつけ優勢で、誰も話題にしなくなっていった。

その後もMeek MillはDrakeへの怒りが収まらない様子で、再三Drakeに言及するもDrakeはほぼ相手にしてこなかった。その状況に業を煮やしたのかはわからないが、Meek MillはDrakeに対しInstagram Live上でボクシングの試合を要求した。さらには最近別れたばかりのNicki Minajに、その試合のラウンドガールを務めるようリクエスト。

 

このビデオをDJ Akademiksがキャプチャーしていたことで、Meek MillのDrakeへのリクエストは拡散されている。

これに対しDrakeが反応する可能性は薄いとみられるが、もし反応したら一昨年のビーフが再燃するのは間違いないだろう。

ちなみにMeek Millは以前からボクシングに取り組んでおり、練習の模様がYoutubeにアップされている。

 

RELATED

俳優のマイケル・ラバポートが突如Meek Millを「ゴミラッパー」とディス

以前、2Pacを「退屈な音楽」と評したLil Xanに対し「才能が無い田舎者」と怒りを露わにした俳優のマイケル・ラバポート。ヒップホップファンとして知られる彼が突如としてMeek Millをディスしたことが話題となっている。

Drakeが4400万円の特注iPhoneケースを作ったことが明らかに

先日のグラミー賞では“God’s Plan”で年間最優秀ラップ楽曲賞を受賞したDrake。名実ともにトップラッパーとなった彼は強大な財力を惜しげも無く披露することで知られているが、またしてもとんでもないお金の使い方をしたようだ。

Drakeがグラミー賞の授賞式で「賞を取らなくてもファンがいれば勝ち」と語りスピーチをカットされる

今年のグラミー賞で最優秀ラップ楽曲賞を受賞したDrakeが、授賞式で行ったスピーチが物議を醸している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。