Meek MillもDrakeに500万ドルをかけたボクシングマッチを要求。ラウンドガールには元カノNicki Minajをリクエスト

ヒップホップシーンでは歯止めのきかないボクシングブームが巻き起こっている。Soulja Boy VS Chris Brown戦だけが現在実現しそうなカードだが、他にも22 Savageが21 Savageに対し、Kodak BlackがLil Wayneに対し現在試合を要求している。このブームに便乗してまたも因縁の2人が登場した。

その2人とはMeek MillとDrakeだ。この2人のビーフは2015年にMeek Millが「Drakeはゴーストライターを使っている」と非難したことから勃発。最終的にはDrakeがインターネット上などの支持をとりつけ優勢で、誰も話題にしなくなっていった。

その後もMeek MillはDrakeへの怒りが収まらない様子で、再三Drakeに言及するもDrakeはほぼ相手にしてこなかった。その状況に業を煮やしたのかはわからないが、Meek MillはDrakeに対しInstagram Live上でボクシングの試合を要求した。さらには最近別れたばかりのNicki Minajに、その試合のラウンドガールを務めるようリクエスト。

 

このビデオをDJ Akademiksがキャプチャーしていたことで、Meek MillのDrakeへのリクエストは拡散されている。

これに対しDrakeが反応する可能性は薄いとみられるが、もし反応したら一昨年のビーフが再燃するのは間違いないだろう。

ちなみにMeek Millは以前からボクシングに取り組んでおり、練習の模様がYoutubeにアップされている。

 

RELATED

Meek MillがDrakeによるディス曲“Back to Back”のビートでフリースタイル

長きに渡ったDrakeとのビーフを解消し、先週リリースした最新作『Championships』も話題となり絶好調のMeek Mill。そんな彼がHot 97の人気ラジオ番組「FUNK FLEX」に出演し、Drakeによる2015年のディス曲“Back to Back”のビートでフリースタイルを披露した。

Drakeが今年SpotifyとApple Musicで最もストリーミングされたアーティストに

今年はDrakeの年だったということだろうか。SpotifyとApple Musicが今年、最もストリーミングされたアーティストを発表し、Drakeが2冠を達成するという快挙を成し遂げた。

Meek MillがDrakeとPusha-Tのビーフについて語る

先日、ニューアルバム『Championships』をリリースしたMeek Mill。以前ビーフをしていたDrakeがアルバムに参加していることも話題になったが、そんな彼がPower 105のThe Angie Martinez Showに出演。DrakeとPusha-Tのビーフについて語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。