Gucci Maneが再び薬物中毒時代を振り返る。「暴力と精神疾患とドラッグで音楽が見えなくなっていた」

MUSIC  2017.01.09  FNMNL編集部

昨年出所し再び活動を再開したラッパーのGucci Maneは、出所後のインタビューで刑務所に収監される前は薬物中毒の状態となっていたと告白し、ファンを驚かせた。そのGucciがESPNの人気トーク番組『Highly Questionable』に登場し、再び薬物中毒の時代を振り返っている。

Gucciはインタビューの中で、刑務所に収監される前の時期について「暴力と精神疾患と、ドラッグ」に支配されていたと答え、「音楽が見えなくなっていた」と語る。その結果としてPTSDのような症状を経験したとも話すGucciは「他人を殺してしまうんじゃないかという不安があった、それは誰かがおれのことを傷つけるんじゃないかという恐れから来ていた」と打ち明けた。

さらにインタビュアーにドラッグのやりすぎで死ななかったことについて驚くか?と聞かれたGucciは「100%驚いている。今日ここにいるのを感謝しているよ」と話す。GucciはLeanの過剰摂取で、体重が最高で136キロにもなっていたという。

そして薬物中毒から抜け出そうとした時期については「世界でもっともひどい気持ちになった」と語り、「体も心もボロボロになった。長期間やればやるほど、食べ物みたいな感覚になるからな。飢えが襲ってくるよ、とても言い表すことはできないよ」と薬物中毒の恐怖を語る。

Gucci ManeのESPNでのインタビューはこちらで見ることができる。

MUSIC

FASHION

CULTURE