2017 Rappers to Watch Vol.2 韓国編

昨年も多くの新星アーティストが登場した音楽シーン。今年もこれまで知られていなかった多くの新人アーティストの曲を聴けると思うと、ワクワクが止まらない。でもどの新人を聴けばいいのか、わからない人もたくさんいるはず!ということでFNMNLがおすすめする新人をラッパーに限定して紹介します!こちらは韓国編。

Sik-K

Sik-K

94年生まれのラッパーSik-KはYelows Mobというクルーにも所属しており、今年はミニアルバム『Flip』をリリースした他、Jay Parkのアルバムにも参加するなど、一気に飛躍を遂げた。ミュージックビデオも公開されている”Rendezvous”などで聴ける陶酔的で甘いフロウは中毒性抜群だ。

 

SoundCloud

Hash Swan

Hash Swan

Hash Swanは95年生まれのラッパーで、クルーHolmesに所属しDok2のレーベルIllionaireのサブレーベルAmbition Musikにも加入している。甲高い特徴的な声を持ち、さらにスマートなフロウを使いこなす注目株だ。Holmesの盟友であるdKashとリリースしたEP『Hash Kash』では、トロピカルハウス的なトラックも自在に乗りこなし、新世代の登場を感じさせてくれた。

 

 

SoundCloud

MKIT RAIN

MKIT RAIN

現在クルー単位で最も注目を集めてるのはMKIT RAINだろう。naflaやLoopy、Blooなど5人のラッパーたち全員がアメリカ育ちというMKIT RAINの面々はトラップからニューウェストのテイスト、そして90’sまでそれぞれ幅広いスタイルの特徴を持ち合わせている。去年リリースされたクルー名義での楽曲”Weatherman”はスマッシュヒットとなった。

 

HP

GroovyRoom

4

唯一ラッパーではないのだが、Sik-KのクルーYelows Mobに所属しているプロデューサーユニットGroovyRoomは、現在韓国で最も注目すべきビートメーカーだろう。パクギュジョンとイフィミンの2人によるGroovyRoomはJay ParkやLiveのヒットチューン”EUNG FREESTYLE”やもちろん、同じクルーのSik-KなどにUSのトレンドを意識しつつも、洗練された硬軟を使い分けたビートを提供している。先日GroovyRoomでの初のシングル『Loyalty』をリリースしたばかり。

RELATED

H1GHR Musicのレーベルショーケースが開催 | Sik-K、Woodie Gochild、HAONが出演

Jay ParkとCha Cha Maloneが設立したレーベルH1GHR Musicが、日本初のレーベルショーケースを11/23(金・祝)に東京・渋谷WWWで開催する。

【特集】starRoからSik-Kに"HANG OVER"についての10の質問

starRoがKID FRESINOと鋼田テフロンをフィーチャーしたシングル"HANG OVER"。この楽曲に新たにSik-KとROMderfulが加わったリミックスバージョンが、本日リリースされた。

starRoの"HANG OVER"に新たにSik-KとROMderfulが参加したリミックスのミュージックビデオが公開

starRoがKID FRESINOと鋼田テフロンをフィーチャーした話題のシングル"HANG OVER"。エクレクティックなテイストが話題となった同曲に新たに韓国のトップラッパーのSik-Kと、Soulectionに所属するROMderfulが参加したリミックスバージョンのミュージックビデオが公開された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。