【特集】starRoからSik-Kに"HANG OVER"についての10の質問

starRoがKID FRESINOと鋼田テフロンをフィーチャーしたシングル"HANG OVER"。この楽曲に新たにSik-KとROMderfulが加わったリミックスバージョンが、本日リリースされた。

このリミックスバージョンでも彼らしいメロディックなフロウを披露してくれた、韓国の大人気ラッパーSik-Kに対し、starRoが"HANG OVER"についての10の質問を投げかけた。

1. 酒飲みのW杯があるとしたら韓国は何位になると思いますか?

Sik-K - 私は酒飲みではないですが、韓国は間違いなく優勝するでしょうね。

2. 自分のお酒の強さを0~10段階で評価してください。

Sik-K - 多分0ですね...。

3. 良い酒飲みなら1、悪い酒飲みを10として自分を1~10段階で評価してください。

Sik-K - やっぱり10でしょうね。

4. バーで曲をかけてほしいと言われたらどんな曲を選びますか?

Sik-K - BIGBANGの"WE LIKE 2 PARTY"ですね。

 

5. ハングオーバーのための1曲といえば?

Sik-K - starRoさんの" Hang Over feat. Sik-K, 鋼田テフロン, ROMderful"ですね。

 

6. 2日酔いになった時の、解決策は?

Sik-K - 全部吐くか、フォーかダブルチーズバーガーを食べますね。

7. カクテルかリキュールでこの曲を表すとしたら?

Sik-K - ソジュ(=朝鮮半島の伝統的なお酒)ですね。

8. この曲のどの部分が好き?

Sik-K - 自分のバースとstarRoさんのヤバいビートですね。

9. 日本の女性は好きですか(笑)?

Sik-K - はい、日本人の友達もいますよ。

10. 最後に二日酔いで苦しんでいる人にメッセージを!

Sik-K - そんなに飲み過ぎないで、みんなクレイジーだよ!

Info

HANG OVER Sik-K v erカバービジュアル

発売日:2018年05月02日(水)
形態:配信シングル
タイトル:HANG OVER feat. Sik-K, 鋼田テフロン, ROMderful
品番:TFDS-00456
作詞:Sik-K, Kickhaiku
作曲:starRo, 鋼田テフロン, ROMderful
編曲:starRo

次ページは英語版

RELATED

starRoの別名義プロジェクト「POPS研究会」が1st シングル”Melted”をリリース

Soulectionに所属するLA在住のstarRoの別名義プロジェクト「POPS研究会」から1st シングル”Melted”が本日リリースされる。 POPS研究会は、日本でポップミュージックを研究し、世界に向けて提案していくアーティスト、溝口真矢の音楽プロジェクトだ。溝口真矢が日本を拠点に、...

starRoとIman Europeが代々木上原ORPCTでコラボ公演を開催

LAを拠点に活躍するグラミーノミネート日本人プロデューサー・starRoと、シンガーソングライター/ラッパー・Iman Europe(イマン・ヨーロップ)の公演が2019年4月13日(土)に代々木上原のOPRCTで開催されることが決定した。

JP THE WAVYがSik-Kを招いたメロウな新曲"Just A Lil Bit"のミュージックビデオを公開

1年ぶりとなる新曲"Neo Gal Wop"も話題となっているJP THE WAVYが、韓国の人気ラッパーSik-Kをフィーチャーした新曲"Just A Lil Bit"のミュージックビデオを公開した。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。