Diploの人生がテレビドラマになることが明らかに。その名も『What Would Diplo Do?』

VICEから派生したケーブルテレビ局VicelandがDiploの人生をテーマにした6話のテレビドラマを制作し、2017年にプレミア公開することがメディアDeadlineに報じられた。

『What Would Diplo Do?』というタイトルで制作が進んでいるこのドラマは、俳優のJames Van Der Beek(ジェームズ・ヴァン・ダー・ビーク)がDJ役を務める。

そして同時にJames Van Der Beekがライター、エグゼクティブ・プロデュースを行う。マネージャーのKevin Kusatsuとビデオ監督のBrandon Dermerもプロデューサーとして加入。

昨年のMad Decent Block PartyでVan Der BeekはDiplo役をプロモビデオで演じたが、彼はまさかそれがシリーズになとは予想していなかったようだ。

via Deadline

RELATED

Diplo率いるMajor Lazerがアフロビーツミックスをリリース | Burna BoyやMr. Eaziとのコラボチューンも

ダンスホールやヒップホップ、R&Bなどと結びつき新しいサウンドが続々と生まれているアフロビーツシーン。そのシーンについてMajor LazerのDiploは近年アフリカ・ナイジェリアなどを訪問し、当地のアーティストたちと交流を深めてきた。

DiploがZeddに対し「24時間以内にTwitterアカウントを消さないとPusha Tのようにディスする」と宣戦布告

ヒップホップシーンでは年がら年中様々なビーフが繰り広げられているが、ダンスミュージックシーンにおいても因縁のビーフがある。それはDiploとZeddだ。

DiploとMark RonsonによるコラボプロジェクトSilk Cityのデビューシングル"Only Can Get Better"が公開

共にDJやプロデューサーとしても世界トップクラスの人気を誇るDiploとMark RonsonによるコラボプロジェクトSilk Cityが、デビューシングル"Only Can Get Better"を公開した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。