CIRCUS TOKYO 1月の土曜日はOkadadaとDJ Wildpartyがジャック!KEN ISHIIなど豪華ゲストやマンスリーパスの発売も

東京・渋谷のクラブCIRCUS Tokyoの1月の毎週土曜日はOKADADA & DJ WILDPARTYがレジデンツとなり『TOKYO CIRCUS -every saturday night-』を開催。豪華ゲストのラインアップが発表され、ただいま1/2~6限定でマンスリーパスチケットを発売している。

1週目は1月のマンスリーレジデントOKADADA & DJ WILDPARTYによるOPEN TO LAST。2週目はテクノゴッドの異名をとるKEN ISHIIと、KEN ISHIIが原体験だというTREKKIE TRAXのCarpainterが登場。3週目は地方拠点ながら東京での躍進が目覚ましい、Okadadaの盟友KEITA KAWAKAMIとAsparaが東京まで「トロピカル珍道中」でやってくる。4週目はOKADADA&ワイパ馴染みのDJ, PEECHBOY, CHERRYBOY FUNCTION。

OKADADA&ワイパが独自に選出したゲストアクトと共に1月の毎週土曜を盛り上げる。

================
1/7, 1/14, 1/21, 1/28適用
マンスリーパスチケット購入先
http://ptix.co/2iihjgx

※1/2~6までの限定発売
================

TOKYO CIRCUS -every saturday night-

January resident dj:
okadada & DJ WILDPARTY

2017/01/07(sat)
okadada&DJ WILDPARTY
-open to last-

20170107otlS

2017/01/14(sat)
okadada&DJ WILDPARTY
Guest : KEN ISHII , Carpainter
20170114kenS

2017/01/21(sat)
okadada&DJ WILDPARTY
Guest : Keita Kawakami , Aspara

20170121keitaS

2017/01/28(sat)
okadada&DJ WILDPARTY
Guest : PEECHBOY , CHERRYBOY FUNCTION
Lounge:CYK CREW
20170128peechS

OPEN 23:00 DOOR: 2000yen OVERSEAS: 1000yen
ADV MONTHLY TICKET: http://ptix.co/2iihjgx ※1/2~6までの限定発売

RELATED

大注目のVaVaが2月に2ndアルバム『VVORLD』をリリース | OMSB、tofubeats、KID FRESINO、okadadaなどを迎えたリリースパーティも開催

VaVaは2018年元旦に発表した"Call"をきっかけに、今まで以上に精力的な楽曲制作に取り組んできた。その成果として8月に『Virtual』、10月には『Idiot』、そして12月には『Universe』の3作のEPをリリースし、大きな話題を呼んだ。

1 of 2018 Selected by okadada

FNMNLの恒例の年末企画、今年は『1 of 2018』を展開。この企画はアーティストやDJ、デザイナー、ショップオーナーなど今年を彩った重要人物たちに、個人的に印象的だった出来事、楽曲、映画、本などから1つテーマを自由に決めてもらい紹介してもらうもの。ベストなものから中にはワーストなものも飛び出すかもしれない、この企画をきっかけにそれぞれの2018年を振り返ってみては?

京都の名物パーティ『HOMESICK』が10周年 | okadada、やけのはら、鶴岡龍、KASHIFなどが出演

dj colaboyが主宰し京都・METROを舞台に多種多様なラインナップが出演してきた名物パーティ『HOMESICK』が10周年を迎え、12/22(土)に38回目となるパーティを行う。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。