Frank Oceanのママが『Blonde』から同性愛者に対するヘイトスピーチをおこなったKim Burrellのパートを消すよう要求

ゴスペルシンガーのKim Burrellが同性愛者を批判したとして、Frank Oceanの母親であるKatonya Breauxが息子のアルバム『Blonde』に収録されている"Godspeed"からBurrellのボーカルを消去するようTwitterで訴えた。

「私:息子よ、Kim Burrellの声を消した曲ってできる?」

「残念。偽善や憎しみを誘発させることが私を怒らせた」

ことの発端はBurrellがテキサス州ヒューストンの教会でゲイに対してネガティブなリアクションをしたことによるものだ。

 

「私は罪についてあなた達に伝えにきた。罪とは歪んだホモセクシャル、妄想、混乱のスピリット。それは多くの男性、女性を欺いている。」

また、後日BurrellはFacebookのLive broadcastで批判の声にレスポンスを返している。「私はあなたを愛しているし、神もあなたを愛している。だけど、神はあなたと私の中にある罪を嫌う」「私は全てのゲイが地獄に行けなんて、LGBTなんて言ってない。罪と言った。これについて謝るつもりはない。私の愛はとてもピュアだ」と語り、自分の説について謝罪するつもりはない意思を示した。

Burrellは1/5にアメリカのトーク番組『The Ellen DeGeneres Show』にPharrell Williamsと出演する予定であったが、姿を現さなかった。その後、Pharrellは自身のTwitterでBurrellの名前は明かしていないが「俺はあのヘイトスピーチを強く非難する」と投稿した。(野口耕一)

Via Genius

related

【特集】「私と『Blonde』」vol.2|「自己」の多層性を開ける

Frank Oceanが2016年8月20日にリリースした歴史的名作『Blonde』から、今年で早5年。多くのリスナーに衝撃をもって迎えられた同作は、現在に至るまで様々な分野のアーティストに絶大な影響を与え続けている。

【特集】「私と『Blonde』」vol.1|butasakuによる往復書簡

Frank Oceanが2016年8月20日にリリースした歴史的名作『Blonde』から、今年で早5年。多くのリスナーに衝撃をもって迎えられた同作は、現在に至るまで様々な分野のアーティストに絶大な影響を与え続けている。

SZAが新曲“Good Days”のリミックスをFrank Oceanに依頼すると語る

SZAが昨年末にリリースしたニューシングル“Good Days”。Jacob Collierが参加したこの楽曲は彼女の『Ctrl』に続く新作を期待させるものとして高い評価を受けているが、そんな同曲について楽しみなニュースが出ている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。