Mike Will Made-Itが今年手がけた35曲のビートをSoundCloudで公開

アトランタのトップビートメーカーMike Will Made-Itにとって、今年はさらに飛躍を遂げた1年になった。Mike Willを見出した恩人Gucci Maneの出所後初のアルバムをZaytovenと2人で共同プロデュースを行ったかと思えば、手塩にかけてきたRae Sremmurdのアルバム『SremmLife 2』からは、Mike Willにとっても自身初となるビルボードチャート1位を獲得した"Black Beatles"が生まれた。そんなMike Willが、自身が今年手がけた楽曲のインストバージョンをSoundCloudで公開した。

35曲のプレイリストには先述のGucci ManeやRae Sremmurdをはじめとして、Young ThugやEearz、Future、2Chainzなどのラッパーをはじめとして、BeyonceやTinasheなどのシンガーに提供した楽曲も含まれている。

Mike Willの代名詞といえる、無駄がなくパワフルなトラップビートをはじめ、トップクリエイターのトラックを堪能してみては?

RELATED

Gucci Maneがアルバムの制作方法の変化を語る

現在最新アルバム『Evil Genius』を製作中だというGucci Maneが、Lil Pumpとのコラボレーション曲”Kept Back”を公開した。

Rae Sremmurdのライブ中にステージに乱入したファンがセキュリティにタックルをかまされる

今年5月に通算3作目となるアルバム『SR3MM』をリリースし、ラッパーとしてのキャリアを着実に歩んでいるRae Sremmurd。そのキャリアの中で、たくさんのファンを獲得してきたわけだが、その中にはもちろん熱狂的なファンが数多くいる。

Kendrick Lamarのピューリッツァー賞に触発されたRae Sremmurdがノーベル平和賞が欲しいと主張する

今年のヒップホップシーンでも様々なトピックが飛び交っていたが、Kendrick Lamarのピューリッツァー賞受賞は特に大きなインパクトを残したのは間違いないだろう。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。