Kodak BlackとMetro Boominがコラボ作をリリースか?

先日刑務所から出所したばかりの注目ラッパーKodak Blackは、その溜めていたパワーを一気に放出しているかのように、動き回っている。

出所後1週間で、新曲をリリースしたかと思えば、Yo GottiやDej Loafへの客演を行ったかと思えば、続いては大人気プロデューサーとのコラボ作へと動き出している。 そのコラボ相手とは現在のヒップホップシーンに欠かせないトップクリエイターMetro Boominだ。Metro Boominといえば、Young Thugとの『Metro Thuggin』や21 Savageとの『Savage Mode』など、若手ラッパーと組んだときに、その才能を引き出すプロデュースワークをみせる作品を、これまでも多くリリースしてきた。

 

#SNIPERGANG #BOMBSQUAD #PRESSURE #IMBACK

Project Babyさん(@kodakblack)が投稿した動画 -

そのMetro BoominとKodak Blackがスタジオ入り、どのようなプロジェクトでリリースされるかはわからないが、1作丸々Metro Boominが手がけているのだとしたら、間違いなく注目作になるだろう。続報を待ちたい。

RELATED

Kodak Blackが来月には釈放か

昨年から性的暴行やドラッグの使用など複数の容疑によって収監されていたKodak Black。今年初頭には1年間の服役の判決を受けていたKodakだが、それよりも早く釈放される予定になったとThe Blastが報じている。

獄中のKodak Blackが高卒認定試験をパスする

昨年より性的暴行やドラッグの使用などによって収監されていたKodak Blackが、高卒認定試験に合格し高校の卒業資格を得たことが分かった。

Metro Boominがラップシーンからの引退を示唆?

現在のヒップホップシーンで最も成功しているビートメイカーのMetro Boominのビートを聴くことはもうできないのだろうか?

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。