DJ LEAD『HOT 97 SUMER JAM TOKYO MIX CD』リリース記念インタビュー | 世界のHIP HOPシーンへ乗り込んだ男から届いた痛烈なメッセージ

FEATURED  2016.12.14  Jun Yokoyama

IMG_6207-2

以前インタビューでTHE HEAVY HITTERSに加入前に「アーティストたちとハングアウトすることが友情を育んだ」と語ってらっしゃいましたが、HH加入後インターナショナルなDJチームの一人として活動し、日本人以外のDJやアーティスト、スタッフと仕事や生活をする中で、文化の違いを感じたエピソードや自身のプレイスタイルや音楽への考え方を変えたエピソードを教えてください。

DJ LEAD - みんな少し勘違いしてるところあるかもですが、HHに入ったから僕がインターナショナルな仕事をとれたりしてるって思う人もいるかもですが、HHから仕事をもらった事は一度もないです。(笑) (あるとすれば)就任パーティーくらいかな。HHはただのファミリーなので、、助け合いこそするけどブッキングは各自に任されてます。

どこの国にも人種にも尊敬できる人はいるし、どうしようもない奴もいっぱいいるし、それを人種はどうって決めつけないようにしています。文化は違えども、お互いリスペクトしあえる人達と仕事をしたいとおもってます。

世界中でリスペクトできる仲間はいっぱいいるけど、その中でもやはりHHのDJ達、特にDJ ENUFF、DJ CAMILO、DJ KAST ONE、後HHを辞めちゃったけど、DJ BIG BENにはDJに対する姿勢やプレイスタイルに凄く良い影響を受けました。

DJ LEADさんの新しいMIX CD『HOT 97 SUMMER JAM TOKYO MIX CD』は、ワールドワイドにヒットした曲や2016年をプレイバックする時に聴きたくなるような、広いオーディエンスを対象にした、そしてドラマティックな内容になっていると思います。このMIX CDをどんな人に、どんな感じ、場所、時間、シチュエーションで聴いてもらいたいと思いますか?そしてDJ LEADさんはどのようなシチュエーションでこのMIXを聴き返すと思いますか?

DJ LEAD - HIP HOPビギナーに車で爆音で聞いてもらえたらと思います。メジャーの枠内で作ってるけど、巷にあふれるキャッチーを売りにしたような内容でもないし、しっかりHIP HOPしてると思うので、HIP HOP入門編としては丁度いいと思います。あと、僕は自分のCDはチェックする時の一回くらいしか聞き返さないです。

DJ LEADさんが考える、今年のヒットチューンと今年のHIP HOPのトレンドについて教えてください。

DJ LEAD - 今年はYoung M.A. ですかね?ハードコアでしかもゆっくりとした歌い回しの、みんなが口ずさみ易い曲がヒットする傾向にあるように思えます。

NYのHIP HOPシーンについて教えてください。今年はDJ LEADが名前を挙げてくれたYoung M.A.という新人も登場しましたが、NYのHIP HOPシーンの勢いはDJ LEADさんの目(耳)にはどのように映りますか?

DJ LEAD - EDMが終焉をむかえNYはHIP HOP一色です。すごくDJしてて楽しいですよ。まだまだHIP HOPはこれからもっと盛り上がると思います。今から新しい黄金期がくるような気配がしてます。

アトランタの新人たちLil YachtyやRae SremmurdはHOT 97のEbroとビーフがありました(FNMNL記事)。今年は新世代とベテランとの対立が目立ったような気がします。DJ LEADさんは、新しい世代のラッパーについてはどう考えていますか?

DJ LEAD - 新しいラッパーは基本好きです。賛否両論あると思いますが、今までと違うからこそ魅力的だし、ずっとNas やRakimがやばいって言ってても、やばいのはわかってるけど、それじゃー飽きるし、色んなタイプの人がでてきたらそれをどう料理しようかとDJ的な楽しさは広がると思ってます。

アメリカと日本で活動するDJとして、日本のHIP HOPシーンはどのような点がユニークであると考えますか?そして日本のアーティストが世界で活躍するために必要なものがあるとすればそれは何ですか?

DJ LEAD - 日本は間違った見解がそのまま流行みたいになっちゃってるのは笑えますね。それはそれでみんなが楽しいんなら勝手にしたらいいけど、例えばネットとかで情報を得たのか、TrapとかBass Musicが流行ってるみたいに勘違いして、HIP HOPとうたってるパーティーで、1時間ずっとそんなのかけてるDJとかいて、お客さんもこれがいけてるんでしょ?みたいに無理矢理思い込まされようとしてたり、、、NYでTrap なんかほとんど聞かないし、、。

ヨーロッパでもアジアでも僕はあーいう日本独特の特殊なパーティーは見た事がないです。外人は自分勝手だし、面白くなかったら客がすぐに文句言いに来るし、日本みたいに誰々さんがまわしてるから、これは間違いないんだ!みたいな、擦り込みというか変な勘違いは絶対に無いです。

あと、HIP HOPのパーティーで少しでもハウス的な曲をかけたらダメみたいな傾向も違和感がします。例えばRihanna x Calvin harrisみたいな曲はHouseのカテゴライズなのかもしれないけど、女の子は基本好きだし、その流れで3曲くらいHIP HOPのパーティーでもその辺かけたらいいのに、、基本かけないですよね。

これは僕がやってるようなメインストリームのパーティーにかぎってですが、、。

 

基本的に日本だけでやってるDJに足りないと思うとこは、お客さん第一でやれてない事かな。NYのメインストリームでやってるDJは基本的にお客さんが知らない曲はかけないです。最低でも60%以上の人が知ってる曲をかけてる気がします。

たまに日本人のDJってガチでみんな知らないアルバムの曲とかを自分がかっこいいと思ってるだけで、やばない?みたいに押し付けでかけるDJがいますよね。あーいうのは海外でDJするならありえないし、5分以上つづけたら、ビール瓶飛んでくると思います。

ご自身でMIX CDを一言でセールスするなら、どのような売り文句を付けますか?

DJ LEAD - HOT 97 SUMMER JAM TOKYO最初で最後のオフィシャルCD。

2016年はDJ LEADさんにとってどのような一年でしたか?BESTとWORSTな出来事/モノとそれにまつわるエピソードを教えてください。

DJ LEAD - Bestは今NYにいるのですが、やっとNYの一流クラブばっかりで自分がメインタイムでツアーを組めた事ですかね。規模としては本国のHOT 97 SUMMER JAMと比べたら小さいのかも知れないですが、僕はクラブでDJするのが一番好きだし、5万人の前でやるよりも、500人の最高のお客さんの前でDJ出来てる今が一番楽しいです。

今まで10年以上NYで挑戦してきて、チャンスを拾い続けても、オープンで人が入ってきたら「メインDJに替われ」と言われたり、悔しい思いしてきたので。

今、クラブ側に「今日は1時から4時やってくれるか?」って言われたらそれほど嬉しい事はないです。あと今回はHOT 97やHHも関係なしにDJ LEADとしてブッキングしてもらえた事ですかね。

日本では僕がどれだけロックしようが1時間でお願いしますとか言われるけど、NYでは信頼を得たら、ギャラプラスするからもう1時間まわしてもらえる?って聞かれるのでそういう意味ではすごくやりがいを感じます。

HOT 97 SUMMER JAM TOKYOもそうでしたが、質のいいお客さんの前でやる事がすごく大事な事だと思っています。

プロなら客を選ぶなって思われるかもですが、もちろんどこでもやれますが、僕はプロだからこそ、わかってるお客さんの前でもっとDJして、もっと自分を高めたいと常に思ってます。WORSTな事はいっぱいあったけど、忘れました。

2017年はどのような場所で、どのような活動をしたいと考えていますか?目標や決まっている大きなプロジェクトなどあれば教えてください。

DJ LEAD - やはりクラブDJとして最高峰のクラブがあるべガスやマイアミ、ドバイとかでDJしたいです。あと、もちろんHOT 97 SUMMER JAM TOKYOを成功におさめたいです。

最後にFNMNL読者や周りのDJやスタッフの皆さんにシャウトアウトをお願いします。

DJ LEAD - 機会があれば僕のまわしてるパーティーに遊びにきてください!乾杯しましょう!

---

歴史的あの日を再び・・・
(New York ✈︎ Tokyo) HOT 97 SUMMER JAM TOKYO をこの1枚で体感せよっ。

ーーーーーーーーーーー
「HOT 97 SUMMER JAM TOKYO mixed by DJ LEAD」
発売日:2016.12.14(水)
フォーマット:CD
品番:UICZ-1639
組み枚数:1
レーベル:Universal Music
発売元:ユニバーサルミュージック合同会社
発売国:日本
ーーーーーーーーーーー

日本におけるヒップホップの概念そのものが変わったあの日。
その場で目撃した誰もが感じたニューヨークの匂いを再び・・・
HOT 97を代表して、日本が生んだカリスマ “DJ LEAD” があの歴史的1日を見事にMIXCDとして集約。

《 このCDでしか聴くことのできない >> Exclusive Point !! 》
#当日の貴重なLIVE音源収録
#EBROを始めHOT 97のパーソナリティー陣によるMICパフォーマンス収録
#DJ LEADに寄せられた各アーティストからのDrop収録

今や世界的DJにまでのぼりつめた DJ LEAD が魅せるHOT 97 SUMMER JAM TOKYOを通じて
日本のリスナーに伝えたかった本当のHIPHOPの楽しみ方。この1枚を通じて体感して下さい。

《DJ LEADコメント》
超プレミアチケットとなった2016年のSUMMER JAM TOKYO。
実際に会場に来れたお客さんも、惜しくも来れなかったお客さんも、、
少しでもこのCDで現場の臨場感を体感して、来年を楽しみにしてもらえたらと思います! by DJ LEAD

ーーーーーーーーーーー
「HOT 97 SUMMER JAM TOKYO mixed by DJ LEAD」

★いまだかつて、ここまで臨場感のあるMIXCDが存在しただろうか!?
当日のDJ LEAD PLAY LISTと共に蘇るあの熱気を体感せよっ。

01. INTRO
02. Desiigner / Panda
03. Rick Ross / B.M.F. (Blowin' Money Fast) feat. Styles P
04. 2 Chainz / Birthday Song feat. Kanye West
05. Silento / Watch Me (Whip/Nae Nae)
06. K Camp / Money Baby feat. Kwony Ca$h
07. Chief Keef / Love Sosa
08. Roscoe Dash / All The Way Turnt Up feat. Soulja Boy Tell'em
09. Joey Bada$$ / Devastated
10. Tory Lanez / Say It
11. The Weeknd / Acquainted
12. Charly Black / Gyal You A Party Animal
13. Justin Bieber / Sorry
14. Bryson Tiller / Sorry Not Sorry
15. Jeremih feat. YG / Don't Tell 'Em
16. Iggy Azalea / Fancy feat. Charli XCX
17. Tyga / Hookah
18. Jhene Aiko / The Worst
19. Tory Lanez / LUV
20. 50 Cent / In Da Club
21. YG / My N***a feat. Jeezy, Rich Homie Quan
22. Pusha T / Untouchable
23. Fabolous / Lituation
24. Future / Wicked
25. Rick Ross / Sanctified feat. Kanye West, Big Sean
26. Jeremih / oui
27. Tavis Scott / Antidote

All The Tracks Selected & Mixed by DJ LEAD
http://www.djlead.com/

ーーーーーーーーーーー

★リリースパーティー開催決定!

“ DJ LEAD × HOT 97 SUMMER JAM TOKYO ” MIXCD RELEASE TOUR!

>> 2016年
12/16(Fri) 大阪 GHOST Ultra Lounge
http://ghostosaka.com/

12/17(Sat) 京都 BUTTERFLY KYOTO
http://butterfly-kyoto.com/

12/18(Sun) 福岡 Cat's Fukuoka
http://club-cats.jp/

12/22(Thu) 東京 HARLEM
http://www.harlem.co.jp/

12/29(Thu) 名古屋 iD Cafe
http://www.idcafe.info/

2017年
1/8(Sun) 広島 Club G
http://clubg.jp/

・・追加公演随時発表
http://www.djlead.com/

ーーーーーーーーーーー

【 HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 】
HP >> http://www.hot97summerjamtokyo.jp
Facebook >> https://www.facebook.com/hot97summerjamtokyo/
Twitter >> @summerjamtokyo
Instagram >> @hot97summerjamtokyo

MUSIC

FASHION

CULTURE