日本人プロデューサーのstarRoが、グラミー賞のリミックス部門にノミネート

MUSIC  2016.12.07  FNMNL編集部

来年2月に授賞式が開催される第59回グラミー賞のノミネートが発表された。日本人プロデューサーのstarRoがリミックスした楽曲が、Best Remixed Recording部門にノミネートされた。

横浜出身で現在はLA在住の、DJでプロデューサーのstarRoは、2013年にリリースしたJanet Jacksonのリミックスをきっかけに、現在のビートシーンのトレンドをリードするレーベル/コレクティブのSoulectionからリリースを開始。

今回のグラミー賞でノミネートされたのは、The Silver Lake Chorusの楽曲をリミックス“Heavy Star Movin’ (staRo Remix)”が評価されてのこと。

第59回グラミー賞授賞式は2017/2/12に開催される。

アルバムリリースに先駆けてFNMNLではstarRoにインタビューを行っているのでチェックしてみてほしい。

あわせて読みたい

MUSIC

FASHION

CULTURE