日本人プロデューサーのstarRoが、グラミー賞のリミックス部門にノミネート

来年2月に授賞式が開催される第59回グラミー賞のノミネートが発表された。日本人プロデューサーのstarRoがリミックスした楽曲が、Best Remixed Recording部門にノミネートされた。

横浜出身で現在はLA在住の、DJでプロデューサーのstarRoは、2013年にリリースしたJanet Jacksonのリミックスをきっかけに、現在のビートシーンのトレンドをリードするレーベル/コレクティブのSoulectionからリリースを開始。

今回のグラミー賞でノミネートされたのは、The Silver Lake Chorusの楽曲をリミックス“Heavy Star Movin’ (staRo Remix)”が評価されてのこと。

第59回グラミー賞授賞式は2017/2/12に開催される。

アルバムリリースに先駆けてFNMNLではstarRoにインタビューを行っているのでチェックしてみてほしい。

RELATED

Post Maloneのアルバム『Beerbongs & Bentleys』がグラミー賞のラップアルバム部門ではなくポップ部門にノミネートか

すでに候補の選出が始まっているグラミー賞2019。今回のグラミーは新しく改訂されたルールの下で選出が行われるということが伝えられているが、そこでPost Maloneの大ヒット作『Beerbongs & Bentleys』のジャンル分けが議論の対象となっている。

LAの注目ラッパーDuckwrthとstaRro、Olive Oilなどが出演するスペシャルイベントが開催決定

5/28(月)に東京NOS EBISUで、LAの注目ラッパーDuckwrthやstarRo、Olive Oilなどが出演するイベント『Music Library』が開催されることになった。

【特集】starRoからSik-Kに"HANG OVER"についての10の質問

starRoがKID FRESINOと鋼田テフロンをフィーチャーしたシングル"HANG OVER"。この楽曲に新たにSik-KとROMderfulが加わったリミックスバージョンが、本日リリースされた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。