レディー・ガガがLGBTホームレスのためのシェルター施設にサプライズ訪問

CULTURE  2016.12.06  FNMNL編集部

アメリカではLGBT(性的マイノリティ)の若者はそうでない人の8倍もの確率でホームレスを経験すると言われており、640000人のLGBTがホームレスを経験したことがあるという調査もある。

レディー・ガガもレイプを経験しPTSDに苦しむ一人として「私たちは平等である」メッセージと共に、親切をシェア(Share Kindness )しようという運動に参加した。

レディー・ガガが代表を務めるBorn This Wayファンデーションの慈善事業としてレディー・ガガは、ニューヨークにあるLGBTのホームレスの若者のためのシェルター施設Ali Forney Centerを、たくさんのプレゼントを持ってサプライズ訪問。施設利用者はハグを求め、涙を流す者も。

レディー・ガガも19歳の時にレイプの被害にあい、今でもPTSDやPTSDやメンタルの不調に悩んでいると告白。レディー・ガガはリラックス方法をみんなとシェア。一人ひとりにサイン入りのメッセージを渡した。

MUSIC

FASHION

CULTURE