BurialがHyperdubからリリースする予定のレコードをトロントのレコード屋が誤ってリリース日より前に販売してしまう痛恨のミス

BurialがHyperdubからリリースする予定だった12インチレコードをカナダ・トロントのレコードショップが誤って販売してしまったことが明らかになった。誰も本当の姿を見たことがないとされる謎のプロデューサーBurialは新曲“Young Death”、“Nightmarket”を収録した12インチレコードをHyperdubから11/30にリリースする予定だった。しかしトロントのSonic Boom Recordsはこのレコードをブラックフライデーのセール中に誤って5枚販売してしまった。

Pitchforkによるとレコードは、「Artist/Titile」というラベルが付けられてショップに配達され、販売してはいけないという印などはなかったということだ。

バイヤーのBlair WhatmoreはPitchforkの取材に対して「Hyperdubはこのミスを快く思っていない」と答えた。

このレコードは早速レコード売買サイトDiscogsに登録されており、品番はHDB100とされている。

BurialがHyperdubからソロ作品をリリースするのは2013年の"Rival Dealer"以来となるとのこと。サプライズの予定が台無しになってしまったようだ。

via Pitchfork

RELATED

『TOKYO RECORD MARKET』とDJパーティー『EXOTIC FEELIN’』が明日同時開催

11月3日(土・祝)に、下北沢ゲージで「TOKYO RECORD MARKET」、隣接するアジア屋台酒場・ロンヴァクアンでDJパーティー「EXOTIC FEELIN’」が開催される。

【レポート】世界最大のダブステップフェス『Lost Lands』 | 変化したダブステップが生み出した新しいユース・カルチャー

22マイル離れたところまで聴こえたという、100万ワットの低音。天高く吊るされたラインアレイスピーカーから降り注ぐ、衝撃波のようなシンセ音。フロアを見渡すと、ヘッドバンキングで心酔する若者の群れ。ステージ上の巨大なLEDディスプレイには刺激の強い映像を映し出してやたらと高揚感を煽る。脇の火山から火柱が上がり、実物大の恐竜の像が時折動く。これは北米の新興ダブステップフェス『Lost Lands Music Festival』の風景だ。

YOKOHAMA RECORD MARKETが明日開催 | VIDEOTAPEMUSICやOMSBもDJで出演

横浜・みなとみらいの象の鼻テラスで、明日9/30(日)にYOKOHAMA RECORD MARKETが開催される。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。