Chance The RapperがKanye Westへの特別な思いと、ラッパーと政治について語る

MUSIC  2016.11.24

BBC Radio 1Xtraの番組に出演したChance The RapperがDj Semtexのインタビューで、現在アルバムリリースを計画していることは、既にFNMNLで紹介した。そこで今回はその同インタビューの続編を紹介する。

 

現在入院中のKanye Westへの思い出を尋ねられると「初めの二年間はKanyeに会うことがキャリアのテーマだった」とKanyeに対しての熱い思いを語り、過去にはKanyeを意識した曲作りを行っていたと明かした。 また、Kanyeのアルバム『Life Of Pablo』への参加については10曲細かなサポートを行ったとして、"Ultralight Beam"はG.O.O.D. Fridaysに収録される曲だったと語っている。

さらに、今回の大統領選挙でトランプが勝利を収めたことについて、「今回の大統領選挙の結果に驚いた人々はレイシズムやアメリカだけじゃなく、世界史のパターンを理解していないんだ」と、トランプの勝利という結果に疑問視を持っていない様子であったが、トランプに対して恐怖心があり、政治の話はしたくないと答えた。

最後に、ラッパーが大統領になったらという質問に、「誰にでもできることなら、Kanyeにもできると思うけど、俺もJAY-Zも大統領にはなりたくはない。」と、もしラッパーの中で一人選ぶとしたら、黒人執事を題材にしたヒューマン・ムービー『大統領の執事の涙』に出演した、ラッパー/プロデューサーのDavid Bannerが相応しいと述べ、インタビューは終わった。

Chance The RapperのBBC Radio 1XtraのインタビューはYoutubeで見ることができる。

あわせて読みたい

MUSIC

FASHION

CULTURE